投稿記事(blog)

お楽しみ山行  飯士山と平標山 

会の恒例行事の一つ『お楽しみ山行』を10月31日~11月1日に実施しました。今年は越後の名峰の展望が楽しめる飯士山と平標山に登ってきました。前日までは2日間とも曇り時々雨との予報であったが、1日目の飯士山は曇りのち晴れ、2日目の平標山は素晴らしい秋晴れであった。                元木 記

飯士山山頂で

飯士山山頂で

飯士山へは五十嵐ルートから登り、途中で負欠岩コースと尾根コースの2班に分かれ、西ノ峰で合流した。前夜の雨の影響で負欠スラブは濡れて滑りやすく、左側の低木や笹に被われた急な斜面を迂回したが、木や笹、岩などに掴まりながらの苦しい登りであった。山頂からは谷川連峰、苗場山、巻機山、頭に雪を戴いた越後三山など、360度の展望を楽しむことが出来た。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 

負欠岩コースの登り踏み跡はしっかりとあるが、
かなりきつい

 
 OLYMPUS DIGITAL CAMERA 

ようやく負欠スラブが見えてきた
前夜の雨の影響で岩は濡れて光っていた・・・

 OLYMPUS DIGITAL CAMERA 

濡れた岩は滑りやすい
木の枝や笹などに掴まりながら慎重に登る

 OLYMPUS DIGITAL CAMERA 

誰が掲げたのだろうか・・・?
標高1,111.8mを示す手製の標識

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

下山は岩原スキー場から
雪のないゲレンデを思い思いに下る

 

2日目の平標山は前夜の‘お疲れさま’を考慮して、平標山の家から山頂へ、反時計回りのコースを取りました。雲一つない秋晴れの山頂からは仙ノ倉山、万太郎山と谷川岳に連なる峰々が間近に見え、また遠くには白銀に輝く北ア、さらには南ア、その後ろには富士山を望むことが出来た。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 

唐松の紅葉が美しい、平元新道から登る

 
 OLYMPUS DIGITAL CAMERA 

平標への登りから万太郎山を望む

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 

平標山山頂で
仙ノ倉山をバックに 

 OLYMPUS DIGITAL CAMERA 

平標山頂から見る仙ノ倉山

OLYMPUS DIGITAL CAMERA  

頂に別れを告げて・・・

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 

大きな鉄塔を過ぎると急こう配が続く

 OLYMPUS DIGITAL CAMERA 

様々な色に染まった紅葉を愛でながら下山する

今回は目標とした負欠岩コースのスラブは降雨後と言う悪条件のため、諦めたが・・・、迂回も決して楽ではなく、むしろ乾いていれば負欠岩のスラブを登った方が楽であったように思う。
平標山は階段ばかりで不評を買ったが・・・、山頂からの素晴らしい展望を思えば、通行税の様なもの!
ともかく、紅葉真っ盛りの中、好天にも恵まれ有意義な山行を楽しむことが出来ました。
ご参加頂いた会員の皆さま、有難うございました。

コメントをどうぞ

  (必須)