投稿記事(blog)

雪上研修・八ヶ岳 硫黄岳~天狗岳テント泊縦走

  3月19~21日、当会本年度最後の事業である雪山研修を硫黄岳~天狗岳でテント縦走を4人のメンバーにて実施した。一日目、曇天の中北沢より赤岳鉱泉入り幕営、鉱泉はかなりの混雑。二日目は快晴、硫黄岳よりはすべての展望在り風弱く快適。黒百合ヒュッテはテントもヒュッテ内も満員?だ。20キロのザックを背負ってのテント泊は辛いが気楽さと自由さには代えられない。三日目は霧氷ガスの中アイゼンピッケルワーク後出発、渋の湯下山無事3日間の研修が予定通り有意義に終了した。

/home/haccho/www/haccho jp/wp/wp content/uploads/2016/03/160327 dsc05613

 2日目赤岩の頭に飛び出し硫黄岳への稜線を行く
 

/home/haccho/www/haccho jp/wp/wp content/uploads/2016/03/160327 dsc055941

19日、八王子発7時29分のあずさ2号に乗り込み、茅野着後すぐ予約タクシーにて美濃戸口入り、やはり連休登山者が多い。身支度を整い装備を分担確認後出発、北沢より赤岳鉱泉に入る。

 今年は雪が少ないとはいえ、鉱泉付近で1300ぐらい、雪山としては十分だ。

 

/home/haccho/www/haccho jp/wp/wp content/uploads/2016/03/160327 dsc05595

 名物の「アイスキャンデー」、氷の状態は良くないが数人が取り付いていた
 

/home/haccho/www/haccho jp/wp/wp content/uploads/2016/03/160327 dsc05601

 幕営費一人1000円を支払い、鉱泉裏の平坦地を探し、テント設営、整地から設営まで30分ぐらいだろうか・・。
 

/home/haccho/www/haccho jp/wp/wp content/uploads/2016/03/160327 dsc05609

 2日目、快晴の中再び思いザックだ、4,50分おきに休みを取る
 

/home/haccho/www/haccho jp/wp/wp content/uploads/2016/03/160327 dsc05611

 赤岩の頭直下、急斜面でしんどいところだ
 

/home/haccho/www/haccho jp/wp/wp content/uploads/2016/03/160327 dsc056201

 硫黄岳山頂はツアー団体をはじめ大勢の登山者でいっぱいだ
 

/home/haccho/www/haccho jp/wp/wp content/uploads/2016/03/160327 dsc05625

 十分に展望を楽しんだ後ははるか先の天狗岳に向かうが、やはりここから先はぐっと少なくなる
 

/home/haccho/www/haccho jp/wp/wp content/uploads/2016/03/160327 dsc05638

 天狗岳直下、雪が不安定の時や風雪の時は緊張するところだ。今日は何の心配もない登山日和・・。
 

/home/haccho/www/haccho jp/wp/wp content/uploads/2016/03/160327 dsc05655

 黒百合ヒュッテに着き、昨日同様誰も張っていない所を整地幕営します。夕方早くから2日間の無事行動に乾杯!テントは誰にも気兼ねなく自由の幅が大きい。参加メンバーの緊密度も高くなる。
 

/home/haccho/www/haccho jp/wp/wp content/uploads/2016/03/160327 dsc05674

 3日目朝とてもきれいな霧氷が見られた。テント撤収後クラストしている斜面でアイゼンピッケルワークの確認、滑落停止の確認をし、下山する。

 渋の湯にて一番風呂を頂きタクシーにて茅野駅、近くの蕎麦屋さんにて乾杯!、昼過ぎのあずさにて早めの八王子着となった。

 

 ※久しぶりの八ヶ岳、昨年3月は遠見尾根より五竜岳、その前年は燕岳や鳳凰三山や上越の谷川岳や荒沢山など毎年地域を変え実施してきた。メンバーも少なめである程度固定したメンバーではあるが会としてはどんな形であれ「雪山研修」として活動は続けていきたいと考えています。

                                              会長  熊谷記

コメント / トラックバック 2件

  1. taro-san より:

    何故か週末になると天候が不安定になることが続いたが、この三連連休は珍しく好天に恵まれ何の心配もなく、八ッの魅力を存分に楽しむことが出来た。
    会長を始めメンバーの皆様に深く感謝・・・!
    来年の雪上研修には、より多くの会員が参加してくれることを期待して止みません。

  2. washi より:

    3月の雪上研修お疲れ様でした。20kgのザック背負ってテント2泊は大変でしたね。天狗岳が呼んでる様な画像も素晴らしいです。2泊目の黒百合平での達成感が良くわかります。 (washi)

コメントをどうぞ

  (必須)