投稿記事(blog)

熱海岩戸山~十国峠~来宮温泉へ

 12月16日(土曜日) 湯河原駅から熱海の岩戸山~十国峠~来宮神社~熱海駅まで、約17kmを11名で歩いてきました。千歳橋を過ぎ岩戸山ハイキングコースに入り、朝からの好天で汗ばむなか舗装された道を登ると、両側がミカン畑の農道に変わり、ミカン畑越しに相模湾が陽光に輝き、初島と大島がシルエットになって見える。やがて登山道に変わりしばらく歩くと車道と合流し、保養施設のある広い道を登ってゆくと岩戸山への登山口があり、40分ほどで岩戸山山頂に着く。頂上は見晴らしが良く海が目の前に広がっている。眼下には真鶴半島、初島、遠く伊豆大島も見える。海からの強い風を避けて、藪の陰で昼食にする。
 東光寺を経て十国峠まで足を伸ばしたが、広々した芝生の峠は相変わらず強い風が吹き抜けている。残念ながら富士山は雲に隠れて見えない。下山は強風を避けて姫の沢公園内を抜けて車道に出た。来宮温泉の旅館が立ち並ぶ急な車道を下りてゆくと、やがて来宮神社の脇に出る。山の安全のお礼にと参詣する。樹齢2千年以上と言う「大楠」に驚く・・・! この後、大きなホテルの日帰り温泉には目もくれず、昭和の熱海が生きていると言う木造の温泉宿に直行する。帰りは熱海駅からほど近い干物屋さんに立ち寄り、トロあじや金目などを土産に帰王した。 年末を飾るのにふさわしい山行であった・・・。

taro-san 記 

岩戸山山頂で 海からの凄い強風のため、藪に隠れて昼食にする。
千歳橋を渡るとすぐに「海光山潮音寺」の入り口がある。
ここが、登山道入口。
コンパスを使い目標の方向をセットして出発!
 登山道(農道)の両側にはミカン畑が続く。
ちょうど収穫期で農家の方が収穫作業をしていた。
ミカン畑越しに相模湾が陽光に輝く。
初島が意外に近い距離に見える。
思わず童謡の旋律を口ずさみそうな雰囲気・・・。
舗装されたミカン畑の道を登る。

ミカン畑の中の農道から登山道へ。
途中何本もの倒木が有り、登山道も荒れていた!
岩戸山を目指す。

 やがて岩戸山に着く!
山頂からは真鶴半島、初島、遠く伊豆大島も見える。
また、遠く天城連山が望まれた。
 十国峠で
富士山は生憎と雲に覆われていた。
強風に煽られ・・・、早々に来宮温泉をめざして
下山を開始する。

コメントをどうぞ

  (必須)