投稿記事(blog)

奥明神沢~前穂ダイレクトルンゼ~前穂高岳

4/26~29 北ア 前穂高にテント泊で行って来ました。

 27日 バスにて沢渡駐車場から上高地に行く。河童橋では今日は上高地開山祭に遭遇した。岳沢登山口から登りだし、岳沢小屋前にテントを張る、まずはビールで乾杯!美味!今年は雪が少ない。
 28日 2時に起床し熱いお茶を飲み、3時に暗闇の中ヘッドランプを付けて出発する。朝の寒さで奥明神沢は雪面が固く締まりアイゼンがギュ、ギュと良く利く。2時間強登り、狭いルンゼに取り付く前穂高に直接突き上げる前穂高ダイレクトルンゼに取り付く。急傾斜なので、私はピッケルとバイルで登る。だんだん傾斜の雪渓が続き手強い登りだ。滑落は許されない。やっとのことで前穂高頂上に着いた。嬉しくて星さんと握手する。山頂からは西穂高、ジャンダルム、奥穂岳,涸沢と富士山と最高の展望を楽しんだ。

この時期、岳沢から前穂高岳へ至る重太郎新道は雪壁が続き難易度が極めて高く登れませんので、岳沢小屋前から雪渓通しに登る奥明神を登るのが、一般ルートなのです。

小屋前のテントに戻ると30張位のテントがカラフルに張ってあった。

占部 記

 

前穂高岳頂上 にて

奥穂高、ジャンダルム、西穂高が陽光に輝いている

 上高地開山祭に初めて遭遇する
 

 岳沢小屋前にテントを張る

綺麗に整備されていてテントが張りやすかった

  奥明神沢は雪面が固く締まりアイゼンが良く利く。
  
  傾斜がきつくて手強い登りだ。私はピッケルとバイルで登る。滑落は許されない
  明神岳をバックに
 

 疲れて一休み!

前穂高の稜線が見えてきたが

ここからも、なかなかつかなかった。

  槍ヶ岳が素晴らしい!

コメント / トラックバック 2件

  1. taro-san より:

    今年もまた“やりましたね”
    好天に恵まれ、何よりでした・・・。
    それにしてもこの時期にしては雪が少ないですね。
    ちょっと記憶にありません!

  2. 占部芳子 より:

    5年連続ですが、こんなに雪が少ないのは初めてです。頂上も岩稜が出てました。それでも
    私のルートは奥明神沢を詰めるので、凍っている朝3時に出発して登頂出来ましたが
    キツイ登りでした! やはり年齢ですね!

コメントをどうぞ

  (必須)