投稿記事(blog)

仙丈ケ岳

2018年7月21日~22日

仙丈ケ岳へ行ってきました。
甲府からバスを乗り継ぎ、広河原、北沢峠へ。終点の北沢峠に降り立つとあたりは涼しい。バス停からすぐ登山道へ入る。ダケカンバの樹林を登っていく。
3合目、4合目あたりは急登が続く。ようやく5合目に到着するがここからどんどん沢へと下っていく。沢を何度か渡渉する。ふと見上げると雪渓の残る沢の源頭部の上には青い空が広がっていた。登山道には次々花が現れる。藪沢小屋の前を通過してさらに進むと樹林帯が終わり、ほどなく馬の背ヒュッテに到着する。生ビールがおいしい。ここは特製のカレーが名物。カレーが苦手な人は別メニューOKということでお願いしていたら、ハンバーグが出ました。おしゃれな夕飯でした。
翌朝は山小屋泊ならではの日の出のひとときを楽しんだ。甲斐駒ヶ岳の右肩からひと筋の光が射し、眩しい輝きが増していく。みごとな夜明けだった。
急登と、岩場の手ごわい登りの後山頂に立つ。北岳、甲斐駒ヶ岳、鳳凰三山。南アルプスの山脈を間近に見ることができた。                              青野 記

                                                                                                                         

仙丈ケ岳山頂です
360度の眺めです
雪渓がまだ残っていました
かなり上まで沢が白く見えます

馬の背ヒュッテの夜明けです
甲斐駒ヶ岳の肩から光の筋が走りました

 

小仙丈ケ岳に到着です
仙丈ケ岳のカールを歩いているのがわかりました

少しずつ下り始めました
ガレ場なので慎重に下山します
稜線歩きは快適
周りの山々がよく見えます
甲斐駒ヶ岳がお隣さんです

イワギキョウ
岩場に現れる可憐な花です

 

 ミヤマダイコンソウ
岩の割れ目に健気に咲いています

コメント / トラックバック 5件

  1. yumi より:

    ブログありがとうございます。記憶がよみがえりますねー。真っ青な空に「女子」が映えますねー。「女子会山行」と言ったもん勝ちです。(^^
    高山植物も載せていただきありがとうございます。名前を早く覚えたいです。お天気と係Rさんに感謝。また行きましょう。

  2. kumasan より:

    透明感のある澄んだ空気と雄大なロケーション、足元には参加者同様可憐な花が今が盛りとばかり咲き乱れ、まさに南アルプスの女王にふさわしい雰囲気です。私は雪の仙丈ヶ岳しか知りませんでしたが本当に素晴らしいのですね!感激です。「当会きっての若手女子会」!今度は「男子会」と合同でいきましょうか?

                                     会長より

  3. 田川 より:

    会長ありがとうございます。帽子をかぶってサングラス、カッコいいウェアを着たらだれもが若手女子、若手男子(^^)です。合同山行、来年ご一緒しましょう。

  4. taro-san より:

    抜ける様な青い空、果しなく続く雲海、澄んだ空気が気持ちの良い稜線歩き、咲き競う可憐な花たち——❕  
              「これぞ、夏の仙丈ヶ岳」
    何度も練り直した山行計画が、この成果として如実に表れていますネ。
    ところで、blog愛好者の皆さま、あなたもやって見ませんか❗
    山を二度、三度——-楽しむことが出来るでしょう!
    誰でも、じきに出来る様になりますヨ(^_^)

  5. R.Taira より:

    皆さま山行では色々とお世話になりました!
    天気に恵まれて最高の山行でしたね!
    お花も沢山、これぞ夏のアルプス。
    またご一緒しましょう!

コメントをどうぞ

  (必須)