投稿記事(blog)

雪上研修 平標山~仙ノ倉山

3月16~17日に恒例の雪上研修を会長(係)で、平標山~仙ノ倉山にて実施しました。
 当初は八方尾根~唐松岳の予定で計画を進めてきましたが、北ア一帯は悪天候が続くため、上越国境辺りの山から選定した結果、過去にも雪上研修を行ったことのある平標山~仙ノ倉山になりました。予報では第一日目16日は、関東地方こそ晴れていますが、現地は登り始める頃から天候が悪化、稜線付近では強風と降雪(吹雪)が予想されましたが、もとより悪天候の克服自体が研修の大きな目的の一つであり、十分な装備と寒さ対策を徹底して出発した。

元木 記

平標山頂 昨夜の風雪が嘘のような青空  2019.3.17   8:10
平標駐車場で
まだ、この頃はそれほど天候は悪くなく、ちょっと拍子抜けの感もあったのだが・・・。
装備を整え、「いざ、出発・・・!」   10:25

ヤカイ沢から入り、途中から左側の尾根に取り付く計画である。
この頃はまだ所々に、青空も・・・

1350m付近から尾根に取り付く
積雪はかなりありるが、スノーシューやカンジキはもちろん、アイゼンも不要だ。上がるほど、雲行きが怪しくなってくる・・・。
1500m付近で小休止 14:32
この頃になると雪風が徐々に強まり、気温もぐっと下がってくる。
風と雪を避けて、身を縮めて・・・一休み!
猛烈な風と寒さの中、テント設営を進める
最適とは言い難いテン場ではあったが、何とか周囲に雪ブロックを積み上げ、風雪を凌げるテントが完成  16:30

夜になっても猛烈な風は止まない。
でも、テントの中では楽しい宴が続く・・・
矢崎さんの200回目の記念すべき山行に話題が盛り上がる
21:40頃消灯
「夜半過ぎまで、テントを揺する強風は収まらなかったとか・・・」

一夜明けると青空が広がる
それでも、気温は低く、風も相変わらず強い
装備を整え、気を引き締めてテン場を後にする  7:10
山頂から仙ノ倉方向を望む
相変わらずの冷たい強風に、頬のあたりが痛い

仙ノ倉山まであと300m
下山予定時刻が迫り、断腸の思いで・・・、引き返すことに!

緊張も解れ・・・
達成感と充実感のなか、それぞれの思いを胸に下山
試練を与えて下さった山と気象条件に感謝、仲間に感謝
「また来るぞぉ・・・・。」
     「さいならぁ~~、有難うございました」

コメント / トラックバック 3件

  1. kumasan より:

    深雪上を間違いなくラッセル、ルートファインディングしながら、テントを稜線に快適に設営すること、
    テント内での生活、陵線での強風と寒さとの戦い、重いザック、どれも決して楽なことではありませんがそれだけに貴重な体験、学習、頑張る気持ち、生きる意欲を掻き立てます。当会にはまだまだそれだけのメンバーがたくさんいます、その力もあります。何よりもそれらと共に闘う、共に分かち合う、共に信頼し、共においしいお酒を飲みあう仲間がいます。有難い!!
                      会長  熊谷 博

  2. kendokozo より:

    厳しい気象条件の中、寝食を共にできる仲間がいる事が何よりの宝です。今回の山行で試されたのは
    まさに人間力だと感じました。そして協調する必要性です。昨年の白馬に引き続き貴重な体験をさせて頂きました。ありがとうございました。

  3. あおちゃん より:

    皆様お疲れ様です。
    白い世界で、夏とはちがう平標ですね。

コメントをどうぞ

  (必須)