投稿記事(blog)

奥穂高岳、涸沢岳

毎年恒例の学生時代の友人と夏山山行に行ってきた。今年は北アルプス、奥穂、涸沢岳。いつもの様に上高地から横尾経由で涸沢ヒュッテに、2か月ぶりのヒュッテだがそれほど混んでいなかった。2日目早朝ヒュッテを出発しザイテングラード経由で穂高山荘へ登り荷物をデポし、奥穂に取りついた。最初に厳しい切り立った岩稜と垂直に近い鉄梯子を難なく通過、その後の岩稜も楽しく登る。右手に西穂に続くジャンダルムを敬意の念で眺めながら先に進み、山頂に到着。多くの登山者でにぎわっていた。下山後すぐに涸沢岳に登った。この日は快晴で360度素晴らしい景色を堪能した。最終日は早朝山荘を出発途中のザイテングラードでモルゲンロートも見ることができ感激した。横尾に戻ってくると真夏の暑さに閉口した。そのまま上高地に戻り2泊3日友人との楽しい山行を終了した。

矢崎 記

奥穂高岳山頂

本谷橋を超え本格的な登山道です。
2か月前に登った雪道とは全然様子が違い、夏道も結構きつかった。
 涸沢ヒュッテに向かう途中、雨が降り出し直ぐに強い雨になった。レインウェアーを着込んでさらに先を急いだ。
 ヒュッテに到着後、テラスにてビールで乾杯。
2か月前雪の中を登った北穂高へのルートが確認できて嬉しかった。
翌日早朝、ヒュッテを出発しザイテングラードに取りつく。
これまで経験した岩稜ほど厳しくはなかったが、慎重に進んだ。
穂高山荘まではもう少し、快晴の中気持ちよく登れた。
山荘にザックをデポして、山頂を目指す。最初に厳しい登りや鉄梯子などあったが、楽しく登った。
7歳の坊やがお父さんとおじいちゃんと一緒に登っていた。
名前が穂高君と言うそうです。
山頂へ続く山道から西穂に続くザイテングラードを初めて眺めた。いつか超えたい場所です。
下山後すぐに涸沢岳に登る。
20分程度の登りだったが、息が切れた。
山荘に戻り、午後はビール、ウイスキー、日本酒で今回の山行の反省会。
周りの岳人達と色々お話ししてとても楽しいひと時を過ごした。
最終日の早朝、常念岳方向から朝日が上がってきた。
 朝日に染まる奥穂高、とても綺麗でした。

 

コメント / トラックバック 1件

  1. taro-san より:

    「素晴らしい・・・」のひと言!
    古き、良き友との山行、天候も何も皆、味方につけて・・・。
    「夏山だぁ~!}とのお叫びが聞こえてくるようです!
    長かった梅雨空もこれでおさらば、皆さん「夏山」に飛び出しましょう!
                          山の会 元木

    矢崎さん
    いつも楽しいblogを有難うございます!

コメントをどうぞ

  (必須)