投稿記事(blog)

甲斐駒ヶ岳 黒戸尾根

 甲斐駒ヶ岳、黒戸尾根に挑戦です。今週は天気図とにらめっこしてましたが、お天気もまずまず。

副会長からは「体力勝負」と助言をいただきました。体力には自信のある4人でいざ出発。

                     記  田川

 

 まずは横手駒ヶ岳神社に怪我の無いように
祈願しました。    
  黒戸尾根はこんな梯子の連続です。
平さんは余裕の笑顔。
みんなで天国に登ってる見たいと笑いました。
でもしっかり整備されてるので安心。

七丈小屋に到着。
新しい小屋番、憧れの花谷さんは北沢峠に下山中で留守でした。

みんなで楽しく乾杯です。

七丈小屋から甲斐駒ヶ岳山頂までが

岩場の連続で中級の岩稜研修でした。

                           

こんな感じです。結構怖いところもありました。
黒1点の知見さんが女性陣をカバーしてくれます。
声かけが大事です。

黒戸尾根から見える劔。修験者の山という感じです。

格好いい。

天候に恵まれ楽しい山行でした。ちなみに四人ともイニシャルT。

チームTでした。

初めてのブログで上手くできませんでした。チームTごめん!!

コメント / トラックバック 5件

  1. taro-san より:

    天候にも恵まれ、チームワークもよろしく、言う事の無い山行で・・・・、何よりでした。
    花谷さんに会えず残念でしたネ。 また、行って下さい!
    今回もう一名、blogの書き手が増え、本当に嬉しく思います。
    皆さんも後に続いてください。
                                  《山の会》 元木
    黒戸尾根の想いで
    高校の山岳同好会の合宿登山で、幾度か登りました。
    当時は5合目に小屋が有り、そこがテン場でした。
    肩に食い込むキスリングの重みが忘れられません・・・

  2. R.Taira より:

    田川さん素敵なブログ有り難うございました!
    おかげさまで安全に楽しく山行を終えることが出来ました。なかなか手強い急登でしたがチームTのチームワークで乗り切りましたね! また行きたいです。

  3. ゆみさん より:

    黒戸尾根をピストンにしなかったのも良かったです。北沢峠に下山した方が開けた尾根歩きも楽しめて甲斐駒ケ岳のいいとこ取りだと思います。涼しい季節にまた行きたいですね。タフで強くて、チャーミングなチームTなのでした。

  4. kinko より:

    槍ヶ岳の練習になるかと思って臨んだ甲斐駒ケ岳でしたが、流石の三大急登に黒戸尾根。
    チームの人達からは、槍ヶ岳よりも厳しいとの言葉が出てました。山の会では、初めての山小屋泊でしたが、
    皆さんに助けられて、楽しく登って来れました🤗
    翌週に行った表銀座からの槍ヶ岳では、甲斐駒ケ岳での練習の成果が出て、
    大変ではありましたが、難無く登ることができました。

  5. washi より:

    五合目に開けた小屋跡から続く長い急な階段の雰囲気がよくわかります。黒戸尾根は山岳信仰の足跡が随所に残っていて先人に励まされて登れる感じがしますね。今回「チームT」達成バンザイ!です。

コメントをどうぞ

  (必須)