投稿記事(blog)

奥秩父ヌク沢の下見2020.7.18

 会山行が解除となり、沢登り研修の下見として「密」を避け電車とバスで奥秩父西沢渓谷途中のヌク沢に行って来ました。ヌク沢は上部に300m大滝があり手強いが、下部の距離1.5km高低差200mなら2時間の手軽な遡行が楽しめます。梅雨時の小雨のせいか例年なら路線バスは満員なのに我ら4名の他はたった1名でした。でも今回は珍しく入渓パーティが1班先行していました。当方も久しぶりだというのに皆軽い身のこなし様で頼もしい限りでした。8月上旬の本番も期待できます。        washi 記

↑笛吹川 西沢渓谷 途中にあるヌク沢

塩山駅8:30発 西沢渓谷終点 9:30。バス停から先のトイレのある園地で沢支度。一瞬の晴れ間があったが終始小雨。10:40にヌク沢橋から入渓しました。
この写真では見えてない最下部の滝で、今回唯一左岸にロープ張って登りました。  (11:30)
枝沢分岐地点のナメも水量多かったが快適に登れました。(11:50)
晴天なら美しい幅広滝も雨の為か、沢床が輝いていませんでした。(11:55)
この6m滝は直登できず左岸をここよりも下部から高巻きします。(12:10)

近丸新道が横断する地点で遡行打ち切り。(12:30昼食13:05下山開始) ガラス材料等の珪石採掘用トロッコ跡が今も残っています。

終バス1本前の14:40に乗り帰途へ。途中下車して駅北側の塩山温泉に立ち寄りました。加温循環濾過ですがアルカリ性でつるつるし、すっきりして帰りました。

コメントをどうぞ

  (必須)