投稿記事(blog)

正月山行 厳冬期の蝶ヶ岳へ

明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
 正月、4日~6日に北ア・蝶ヶ岳に挑戦してきました。メンバーは元木(係)、鷲林、浅岡の3名。3日の夜に松本に入り仮泊、朝一番のアルピコバスで中の湯で下車し、3年振りに釜トンネルをスタートする。4日は快晴で気温もそれほど低くなく、ハイペースで横尾の中信森林管理署冬季避難小屋に着く。
 しかし、夜半頃から気温が下がり、雪が降り始めた・・・。5日早朝、小雪の舞う中を蝶ヶ岳に出発する。横尾の冬季避難小屋から稜線までの標高差は1000m以上もある。降雪でトレースも消えかかった急登を、カンジキを着けて一歩一歩登るが、なかなか思うようには進まない。森林限界を過ぎると雪混じりの横風が容赦なく吹き付けてくる。
 やがて、稜線に出ると25mを超える烈風が吹き荒れて、容易に前進できない状態が続く・・・。引き返すタイムリミットも迫り、撤退を決断し避難小屋に引き返した。
 今回は、極寒と疲労との闘いに終わったような感もしますが、新年早々から厳冬期の山の厳しさを存分に味わう機会となった。

元木 記

お馴染み河童橋から見る「穂高連峰と吊尾根」
釜トンネルで
「いざ、出発・・・」
今回は照明が灯され、大サービス!

初日は天候にも恵まれ、雪山ハイクの気分。
ただし、重い荷物を背負っての16kmの雪道は結構堪えた・・・。

明神館から見る5峰・明神岳
1月5日 早朝
雪がちらつく中を、蝶ヶ岳に向けて、横尾冬季避難小屋を出発。
トレースは何とか残っているが、新雪にカンジキももぐる。
稜線まで平坦な所など無い、急な登りの連続が続く。
「イッポン・・・!」と言っても立ったまま。
浅岡さんの若さとパワーに助けられた。
「まだか・・・まだか・・・」、厳しい中にも笑顔が・・・!

稜線分岐
この辺りは強風のために雪がほとんど無い。
蝶ヶ岳への稜線。
25m以上の烈風が吹き荒れている。
雪は吹き飛ばされて僅かしか残っていないが、氷のように固まったている。

奥穂高岳 100座目

百名山最後の山として奥穂高岳を選んだ、単独行が多かったので会のメンバーと4人のパーティーは久しぶりだった、長門さんのご尽力で上高地の山研に宿泊立派な施設で驚いた。9/25日横尾谷経由で涸沢ロッジはすごい賑わいだった、晴天のカールはだいぶ色ずいていた数日後が最高と思われた、ザイテングラートを慎重に通過、穂高山荘に到着、宮川さんと前祝の小宴会。9/26日朝食後奥穂高を目指す、急な岩場を登り1時間ほどで晴天の山頂到着、佐藤さんが熊谷会長作成の記念プレートを持参してくれ、また獺祭の振る舞い酒のサプライズで、まわりの登山者も祝ってくれて、うるっときてしまった。ジャンダルムの取り付きを見て、吊尾根から、あきらめかけていた前穂にも登れた。長く厳しい重太郎新道を下った、途中ヘリに救助された滑落者の血のりで緊張感が高まったが無事下山、百名山を終了出来ましたこと、熊谷会長、同行者の皆様に感謝です。

岩本 記

/home/haccho/www/haccho jp/wp/wp content/uploads/2017/09/170930 dsc 3497 002
 色ずき始めた涸沢カール

/home/haccho/www/haccho jp/wp/wp content/uploads/2017/09/170930 dsc 3442

 かっぱ橋を渡って
さあ行くぞ!

 

/home/haccho/www/haccho jp/wp/wp content/uploads/2017/09/170930 dsc 3477

 崩落現場立ち止まらないで急いで~

/home/haccho/www/haccho jp/wp/wp content/uploads/2017/09/170930 dsc 3533

 穂高山荘からの日の出
/home/haccho/www/haccho jp/wp/wp content/uploads/2017/09/286387b35e99e6c8c8bd135638233532
 
 

/home/haccho/www/haccho jp/wp/wp content/uploads/2017/09/170930 dsc 3576

 百名山達成出来ました、まわりの大勢に
祝っていただき感謝感激です。

/home/haccho/www/haccho jp/wp/wp content/uploads/2017/09/170930 dsc 3605

 
 ダメかと思っていた前穂高岳、
標準タイムで行けました。
/home/haccho/www/haccho jp/wp/wp content/uploads/2017/09/170930 dsc 3586

いつかは行きたいジャンダルム
数人見えます。

北アルプス 燕岳

2016年9月10日~11日燕岳に登りました
   10日は八王子を6時に出発する。中房温泉駐車場に着いた時は晴れてて嬉しかった。
急登の合戦尾根をとにかく蒸し暑かったので、大汗を出しながら登った。
   燕山荘の夕食にはオーナーの話、また楽しみにしていたホルンの演奏があり、心温まるひと時でした。
11日は暗いうちに山荘を出て、5時30分から燕岳山頂からはご来光を見る事が出来、また槍ヶ岳の素晴らしい姿を見る事が出来ました。

                                     占部 記

%82%ba%e5%a4%89%e6%9b%b4燕岳の登山口
img_0095-%e7%87%95%e5%b2%b3%e3%81%ae%e9%a0%82%e4%b8%8ajpg燕岳の頂上
img_0098-%e6%a7%8d%e3%81%8c%e5%b2%b3%e3%82%92%e3%83%90%e3%83%83%e3%82%af%e3%81%abjpg槍が岳をバックに
img_0104-%e6%a7%8d%e3%81%8c%e5%b2%b3%e3%82%92%e3%83%90%e3%83%83%e3%82%af%e3%81%abjpg槍が岳をバックに

(コースタイム)                                      
9/10  八王子5:50⇒安曇野IC 8:45⇒中房温泉登山入口10:15⇒燕山荘着15:00

9/11  燕山荘4:35⇒燕岳山頂5:07⇒燕山荘着6:06 燕岳山荘発7:20⇒中房温泉登山入口着11:06⇒駐車場発12:00⇒八王子着 17:30

(概算費用)
八王子IC⇔安曇野IC 往復480km、有料道路料金 八王子IC⇔安曇野IC 
往復 6440円

塩見岳

2016年8月14日~15日 
  百名山の一座、南アルプスの前衛、塩見岳に岩本さんと登ってきた。鳥倉登山口より三伏峠小屋テント場まで重い荷物を背負い、登る。展望は開けずまた、蒸し暑さに大汗をかかされる。 テント場には20張りほどのテントが設営されていた。 我々もテント設営後夕食準備を行った。準備中、甲斐駒~仙丈~塩見の大縦走をされてきた、元木、鷲林さんと合流。 ビール、日本酒、ワインなどで大変楽しいひと時を過ごした。 
就寝後夜中に激しい雨音で目を覚ます。今日の山行に不安を覚える。朝3時起床、まだ雨交じりの天候。さっそく山頂を目指す。本谷山を越える頃には雨もやみ急速に天候が回復してきた。3時間弱で塩見小屋到着。小休止後、山頂への岩稜帯に突入、慎重に上った。西峰に着くころは青空が広がり、白根三山、荒川三山、富士山などの絶景を堪能する。下山は往路を戻ったが途中から再び雨に、テント場到着の頃には土砂降りになる。テント撤収後、鳥倉登山口に下山。11時間に及ぶ山行を無事終了した。

                                                         矢崎  記

塩見登山口

鳥倉登山口 から登る。
最初は緩やかだが、すぐに急登が始まった。
重いザックが肩に食い込み3時間余りの行程であったが、長く感じた。

三伏峠テント場

三伏小屋テント場。
入山者が少ない山と聞いていたが、かなりのテントが張られていた。
テント設営後さっそく、夕食準備にとりかかる。

三伏峠にて甲斐駒~仙丈~塩見と縦走されてきた元木さん、鷲林さんと合流。大いに盛り上がった。
塩見岳翌朝、雨交じりの天候の中、塩見岳を目指す。
本谷山を越えしばらくすると尾根すじの右手方向に鉄兜、塩見岳が見えてきた。この頃には雨も上がった。
西峰前の岩稜塩見小屋を出ると、急登が始まり続いて、岩稜地帯。慎重に上る。
青空も広がり、テンションも上がった。
塩見岳東峰西峰に続き、東峰に登頂。
360度の眺望を満喫する。
清々しい風に吹かれ、疲れも吹っ飛んだ。
白根三山白根三山方面。
西峰からの富士富士山も雲の上に顔を出してくれた。
下界は雲の下。

荒川三山荒川三山方面。
東峰より西峰を望む東峰から西峰を望む。
この後西峰に戻り往路を下山した。

コースタイム
 1日目
  鳥倉林道駐車場10:30→鳥倉登山口11:20→豊口山のコル12:20→三伏峠小屋テント場14:20 (テント泊)
 2日目
  三伏峠小屋3:40→本谷山4:40→塩見小屋6:30 6:40→西峰7:50→東峰8:00 8:30→三伏小屋11:20~12:00  →鳥倉林道登山口13:50→鳥倉駐車場14:40
  

甲斐駒ヶ岳~仙丈ヶ岳~塩見岳~三伏峠

8月11~15日に富山湾から駿河湾へ「日本アルプス大縦走」シリーズの第5弾として、甲斐駒ヶ岳~仙丈ヶ岳~仙塩尾根~塩見岳~三伏峠の約50kmを鷲林さんと歩いてきま した。5日間とも好天というめったにない幸運に恵まれ、山頂に立つ度に少しずつ変わる日本アルプスの大展望を心行くまで堪能できました。

元木 記

IMG_0615
仙塩尾根 北荒川岳から見る塩見岳
IMG_05321日目 黒戸尾根を登り七丈小屋へ
急なハシゴとキツイ岩場の登りが続く
秋山さんと井上さんは甲斐駒登頂が目的だ・・・
IMG_05282日目 七丈小屋から山頂へ
ようやく八合目御来迎場に着く
素晴らしいお天気だ・・・
振り返ると、八ヶ岳連山が黒いシルエットとなって横たわっている
山頂まであと一息だ!
IMG_0534山頂からの眺望
雲海に浮かぶ鳳凰三山と富士
地蔵岳のオベリスクの穂先が富士と重なる
IMG_0540まるで別世界のイメージ・・・
念願の叶った秋山さん、井上さんは北沢峠からこの日に帰王
IMG_0546

北沢峠で
仙丈ヶ岳登頂を目指す市村さん、青木さんと合流
この日は仙丈小屋の混雑を避けて馬の背ヒュッテ泊りだ

IMG_0554

3日目 仙丈ヶ岳から熊の平へ
雲海を染めて昇る日の出を拝む
仙丈ヶ岳の登りで

IMG_0564間ノ岳と農鳥岳がぽっかりと雲海に浮かぶ
今日も素晴らしいお天気だ
仙丈ヶ岳山頂から
IMG_0566

仙丈ヶ岳山頂で
小仙丈~大平山荘~北沢峠へと下山する市村さんと青木さんに見送られ、我々は仙塩尾根から熊の平~塩見への長いロードへ出発!

IMG_0576仙塩尾根の最初のピーク 大仙丈ヶ岳で
ここまで来ると高山植物が目につく
大仙丈の下り、ハイマツ帯でライチョウの親子に出会う
IMG_0581伊那荒倉岳2519mの山頂
三等三角点 点名「荒倉岳」
周囲は樹林帯で視界は全くない
壊れかけた標識が置かれているだけ・・・
IMG_0621

4日目 熊の平小屋から塩見岳~三伏峠へ
夜半、3,000m近い高所から澄み切った夜空に繰り広げられる「流星群」のショーに見とれました・・・。
写真は北荒川岳と北俣岳のちょうど中間点通称ビューポイント(2,739m)から望む塩見岳です。
ピラミッド形の山頂がよく目立ちます。

IMG_0630

塩見岳東峰の登り
ゆったりと流れる夏雲の白さに、疲れを忘れる・・・。
東峰の標高は3,052mであるが、塩見岳の標高は三角点の置かれている西峰の3,047mとなっている。

IMG_0635塩見岳西峰山頂で
二等三角点が置かれていた。
遠く富士山が望まれる・・・。
IMG_0650

三伏峠小屋のテン場で
岩本さん、矢崎さんと合流し、大いに盛り上がる!
この日の夜は初めて雨となり、鷲林さんのツェルトが浸水する

 

IMG_0661

5日目 三伏峠から鳥倉登山口へ
鳥倉林道から塩見岳を望む
明け方には雨も上がり、下山する頃には青空が顔を覗かせる
岩本さん、矢崎さんがどこかを登っているハズである
長い山旅の無事に感謝しつつ一路 Goalへ・・・!

コースタイム

8/11 八王子5:52⇒高尾6:14⇒8:15日野春⇒タクシー⇒8:40竹宇駒ケ岳神社8:50→10:45横手分岐
→13:20刀利天狗→14:25五合目小屋跡→15:45七丈小屋                              七丈小屋(泊)

8/12 七丈小屋5:50→6:40八号目御来迎場→8:20甲斐駒8:40→9:45駒津峰→11:55北沢峠12:58→
14:40大滝の頭→15:35馬ノ背ヒュッテ                                                        馬ノ背ヒュッテ(泊)  

8/13 馬ノ背ヒュッテ5:00→6:05仙丈ヶ岳6:15→6:45大仙丈ヶ岳→9:00高望池 →10:20横川岳→
10:48野呂川越→14:50三峰岳→15:44農鳥分岐→16:05熊の平小屋             熊の平小屋(泊)

8/14 熊の平小屋5:30→6:30竜尾見晴→8:16北荒川岳→10:20北俣岳分岐→11:03塩見岳東峰→
11:20塩見岳西峰→12:20塩見小屋12:57→14:42木谷山→16:20三伏峠小屋          三伏峠小屋(泊)

8/15 三伏峠6:30→8:18鳥倉登山口9:10⇒⇒11:00伊那大島駅