投稿記事(blog)

雲取山~飛竜山

6/2 鴨沢から雲取山を目指す。登山道はよく整備されていて歩きやすい。七ツ石小屋から七ツ石山を経て石尾根に出る。曇り空ではあるがみどりの山並みがカラマツの向こうに広がっている。奥多摩小屋は閉鎖されてテント場も使用禁止となっていた。
 小雲取山の巻き道を過ぎのびやかな尾根を歩いて避難小屋に到着。急登で雲取山の山頂に着き、下ると雲取山荘がある。部屋は炬燵が用意されていてその暖かさにホッとする。
6/3 小雨がぱらついているが空が明るい。避難小屋までもどり、分岐を西へ。登山道は昨日と一変して、笹が生い茂った,とても狭い道となる。足場の悪い急坂だ。奥秩父縦走路である。下りきったら三条ダルミ。登山道は南側に山稜に沿って続いている。
 北天のタルを過ぎると道は傾斜こそゆるやかだが岩場が増え,桟道が次々と出現する。シャクナゲが咲いている。飛竜権現に到着。手を合わせた後、飛竜山を目指す。一帯がシャクナゲの群生地である。花の中を歩く。飛竜山の山頂は、展望のない小さな高み。山梨百名山と記されたシンプルな標柱が立っているだけだ。たどり着くまでの道が思いのほか大変だったのでうれしさが胸に満ちた。
 北天のタルに戻り、三条の湯への道をとる。笹が徐々に途切れ、山の斜面を細い道が続く。マキの燃えるにおいが漂ってきて木立の間に赤い屋根が見えてきた。三条の湯だ。お湯を楽しみ体が軽くなったのを感じながら林道をお祭りへと下山した。

青野 記 

雲取山山頂で
あいにくの曇り空   
平将門伝説は次々と将門の最期まで表示されて
いました

「雲取山の見返り美人」
石尾根にあるカラマツにこの名をつけたのは
奥多摩山岳救助隊副隊長を務めた金邦夫さん

 

避難小屋から南を見る
ずっと眺めていたい景色でした
三条ダルミまで続いた下り
昨日までの登山道と違いました
シャクナゲが咲く飛竜山への登山道
気は抜けないが花がきれい💓
もうすぐ飛竜山
あたりはシャクナゲの群生地でした
探していたのに見つからなかった
飛竜山の近道の標識
「え?これ?」思わず3人で顔を見合わせました

矢平山(立野峠から 秋山山稜)

 5月17日
 
立野峠に無生野側から上り、矢平山、金ピラ山と秋山山稜を歩いた。
 上野原から無生野行のバスは1日1便。緑の山里を走り、浜沢で下車する。を渡り、ちいさな分岐を左にとるとすぐ登山道となった。沢沿いをすすみ、ほどなく樹林の中の登りとなる。登り始めて50分で立野峠に着いた。ここからいよいよ稜線歩きが始まる。
 登山道の両側は新緑の自然林である。初夏の気配いっぱいの若葉がきらめいている。木々の間に山ツツジがところどころオレンジ色の集落を作っている。風が通りぬける。タツナミソウを見つけ喜ぶが、そのあと、矢平山への急登となった。岩場の登りをこなして樹林に囲まれた山頂に着く。
 新大地峠から先はボランティアの手で標識が作られている。秋山温泉までほほえましい手作り感満載の標識がつづく。金山峠を過ぎ、視界がひらけた。すそ野がみえ、向かいには阿夫利山が見えている。金ピラ山からはロープのある急な下り。落ち葉の急坂が続く。鹿よけの頑丈なガードを開錠して桜井集落へ向かう。手入れされた段々畑を抜けていく。バス道に出て秋山温泉に3時半に到着。ひと息ついて温泉のバスで上野原まで送ってもらった。

青野 記

矢平山山頂にて

静かな山頂

すれ違ったのはひとりだけ

 

 

新緑の中の鮮やかなオレンジ

ヤマツツジです

気持ちのいい稜線歩き

タツナミソウを見つけました

岩場に咲いています

新大地峠からはこんな標識💛

木の枝をうまく利用しています

かわいい標識

思わずにっこりします💛💛

桜井集落

下山したらこんな景色が待っていた!

バス道に出るまで手作り標識の応援です

 

筑波山

今日は遠出をして茨城県の最高峰、筑波山にやって来ました。 春山ハイキングの楽チン登山のつもりでしたが、結果的には結構歩きがいのある山行となりました。最初のうちはダラダラと延々と続く石段を登ります。全然登った気がしないのですが、つつじヶ丘までくるとそこから先は急登があったり、岩場があったりです。人気の山ですからツアー客もいて、岩場は渋滞しました。筑波山は双耳峰ですが、女体山から男体山へ行くと、嘘のように人が少なくなります。両方登る人は少ないようです。 下山に使った御幸ヶ原コースは結構石ゴロゴロでそれなりに気を使いながらの下山となりました。 良い天気で風も無く、大変気持ちの良い春山登山でした。

間普 記

男体山山頂にて

 

迎場コースはこのように樹林帯の中のダラダラとしたゆるい登りです。
おたつ石コースに入ると結構な登りを歩くことになります。
なんと雉さんとご対面です。慣れていて全然逃げません。
女体山山頂はかなり混んでいたので、先端まで行って眺望を楽しみながら休憩しました。

塔ノ岳(ヤビツ峠~塔ノ岳~大倉)

3月31日今年度最終日、丹沢山系塔ノ岳に登ってきました。
当日は八ヶ岳(硫黄~天狗岳)のテント泊山行に行く予定でしたが、天気予報が稜線上は暴風雪との事で、急遽中止。その代わり比較的天気が良さそうな丹沢山系塔ノ岳をヤビツ峠から登ることにしました。このコースはこれまで何度も登っていますが、表尾根を登っている最中に振り返ると見渡せる江の島や相模湾のすばらしさをもう一度見たくて行きました。ヤビツ峠では多くの登山者がバスから下車、我々も準備を整え8:30出発。二ノ塔、三ノ塔を過ぎ行者ヶ岳後の鎖場も難なくクリヤーしました。塔ノ岳にはヤビツ峠から4時間12:30に到着。ここまでほとんどが曇りの天気で期待していた表尾根からの絶景は全く見えませんでした。尊仏山荘に入りそこで昼食の餅入り、チーズ入りの煮込みラーメン、冷えた体にアツアツのラーメンが最高に美味しかったです。下山は大倉尾根を大倉バス停まで下りました。途中可愛い鹿が餌を食べているのに出会いました。大倉尾根はいつ下っても長くて飽きますが、転んだりしたら大けがをしますので慎重に下りました。結局16:30にバス停着。充実した春の1日を過ごす事が出来ました。

矢崎 記

 久しぶりの塔ノ岳山頂。何も見えません。
ヤビツ峠では多く登山者が出発準備に余念がありませんでした。
三ノ塔を過ぎると急な下降階段。その前にいるお地蔵さんと記念撮影です。
行者ヶ岳を過ぎるとお約束の急な鎖場。慎重にそして楽しく下りました。
山頂到着後、尊仏山荘にお邪魔して八ヶ岳用に用意した煮込みラーメンを作りました。田川さんが用意した、パンにポテトサラダも最高に美味しかった。冷えた体にアツアツのラーメン+餅、それからとろけるチーズ!! 絶品でした。
食事後外に出てみると、富士山が少し顔を出しました。やはり富士山ですね。。
大倉尾根を下っていると、鹿さんが餌を食べていました。ピーっと口笛を吹いてみたら、こちらを向いてくれましたので、すかさずパチリ。
八ヶ岳の雪山テント泊縦走山行はできなかったけれど、春の日ののんびり山行が出来ました。

 

牛奥ノ雁ヶ腹摺山

3月5日牛奥ノ雁ヶ腹摺山に登って来ました。前々日、前日と八王子では雨だったので、雪山を期待して出発。なかなか厳しい雪山山行となりました。しかし、上手く巡り合わせに恵まれれば近場でも十分に雪山山行が楽しめるという事を体験できた山行となりました。

間普 記

雪はありますが、アイゼンを履く程ではありません

なかなか良い感じです。

この辺りから雪が深くなって来たのでアイゼン装着

踏み跡全く無しの一人ラッセル状態です。

これは下山時に撮影しましたが、良くみると結構急登でした。