投稿記事(blog)

平湯温泉キャンプ場から四ツ岳2744m山スキー (2018.3.26)

 山スキーの時期には少し遅い平日の3月26日、前夜発レンタカーで平湯温泉キャンプ場から乗鞍岳北面の四ツ岳にWとHの2名が行って来ました。駐車場から山頂まで標高差1440mだが8時間かけても達せず時間切れ。春の雪がスキーのシールに付き高下駄状態で登りにくく難儀する。疲れ果てて下りの滑降もままならず。下山後、1900円で仮泊できる温泉施設で飛騨牛を肴に反省会。翌日の昼過ぎに八王子に戻るのんびりした山行でした。                  washi 記

前日3/25に登った焼岳から望む乗鞍岳北面の四ツ岳

平湯温泉キャンプ場の駐車場は標高1300m。無風快晴 06:15出発。

 

1600mの渡渉地点スノーブリッジ無いが水深浅く石づたいに渡れる。大崩山からの川で硫黄臭あり。登り返しは急できつい。08:26

 

四ツ岳山頂まで標高であと200mだが時間切れ。15時なのでここで引き返す。シール外して穂高を振り返る。
 見上げると山頂までの傾斜はかなりある。
 平湯温泉まで滑って行けそうな感覚。
 はるか彼方の四ツ岳付近の岩峰をバックに。
 出だしは快適に滑降!
 暗くなってきた。駐車場までまだ200mは下ります。17:57
 お疲れ様でした!安く仮眠出来る温泉施設の食事処で反省会。

[コースタイム]                                      3/25 八王子IC 24:00⇒                                 3/26 松本IC ⇒平湯温泉キャンプ場駐車場 4:00(車中仮眠) 5:30起床 6:00出発           →大滝川渡渉地点 8:30→標高2500m付近で引返す 14:50(滑降開始15:10)→駐車場       19:00⇒平湯温泉穂高荘倶楽部 19:30(入浴食事仮眠)                  3/27 穂高荘倶楽部 7:30⇒松本IC⇒八王子IC 12:00                     [概算費用]                                        レンタカー 40時間 9,806円、ガソリン 6,000円、高速と安房トンネル往復 9,110円        小計 24,916円÷2人=12,458円  温泉と仮眠代@1,900円  食事代各自  

2017年5月 槍ヶ岳山スキー

 2017年5月1日~4日 単独、ツェルト3泊で1m未満のショートスキーにて槍ヶ岳山荘まで登り標高差1000mの槍沢を滑って来ました。 (記 Washi)

/home/haccho/www/haccho jp/wp/wp content/uploads/2017/05/53ee1ed796c5c7a1b79fbc8e01283098

↑槍沢を見上げる

 1日 仕事の都合で八王子駅 12:31発 特急あずさ で松本、上高地へ。17時遅くなったので小梨平にツェルト泊。
 2日 4:40発。短いスキーケースを手に持ち、スニーカーで横尾まで歩く。雪が出てきたので兼用ブーツに履き替える。槍沢ロッジの話では昨日は雷雨、槍では降雪だったとの事。ババ平に 10:10着。竹ペグでツェルトをしっかりと張る。陽射しが強く暑いので行動終了。トイレ小屋は雪下2m掘り出されている。今夜は20張位。
 3日 4:25 スキーに滑り止めシール貼り出発。2900mでクトー(スキーアイゼン)着けて、9:35に山荘まで登り切る。風強く寒いので槍の穂先は登らず、ビーコンを身体に巻き付けスキーをザックにアイゼンストックで大喰岳へ。飛騨側の鏡平から弓折岳へ登る人が見える。雪庇あるので先の中岳との鞍部まで行き雪質安定を確かめ槍沢へスキーで飛び込む(12:05)。怖気づく斜度だが雪が腐って重く下手でも滑れた。スキーへの抵抗あって腿がパンパン何度も休みババ平に14:25着。これ以上快適な滑降は望めず終了。ロッジまで下って900円の生ビールで喉をうるおす。
 4日 5:40撤収下山。9時に徳沢園でブーツからスニーカーに履き替える。下界に戻って来たなぁと感じる化粧の匂い。野獣が嫌うのもわかる。大賑わいの上高地バスターミナルで急ぎ12時のバス整理券をもらってから駆け足で戻り小梨平の湯で汗を流す。帰りの松本市街の渋滞と小仏トンネル渋滞の2時間遅れで日野バス停に20時に帰ってきました。

/home/haccho/www/haccho jp/wp/wp content/uploads/2017/05/4aef4cdb733cc3c6e56130d6e8d8b954

↑ 【参考】 2015年12月28日 蝶が岳から望む槍沢

/home/haccho/www/haccho jp/wp/wp content/uploads/2017/05/11e22e9994dc0cf06428411615732032

↑ 1泊め 小梨平キャンプ場

/home/haccho/www/haccho jp/wp/wp content/uploads/2017/05/3131cbfccac060edb95b166157c5baca

↑ スキー(ベンチャー)

/home/haccho/www/haccho jp/wp/wp content/uploads/2017/05/209a2a994c804127219921120e31d931

↑ 槍ヶ岳山荘前からの穂先

/home/haccho/www/haccho jp/wp/wp content/uploads/2017/05/4e52d87d6c41d5e79e91ee22fdc53e83

↑ 大喰岳から天狗原を偵察

/home/haccho/www/haccho jp/wp/wp content/uploads/2017/05/6b0ac4267f94043c496b15e8d2651931

↑ 【参考】 2015年4月27日 弓折岳から鏡平の向こうの穂高連山

/home/haccho/www/haccho jp/wp/wp content/uploads/2017/05/83cd48fbcbb254c54ae03db8f8192a17

↑ 5月3日 鏡平から弓折岳、双六方面へ登る人が見える

/home/haccho/www/haccho jp/wp/wp content/uploads/2017/05/cc5f5162ed4c4b35ff8dcbf62e6389eb

↑ 大喰岳と中岳の鞍部から槍沢を滑降

/home/haccho/www/haccho jp/wp/wp content/uploads/2017/05/bb2ad8cd9d0048be416dd48dd523b91a

↑ これから飛び込む斜面

/home/haccho/www/haccho jp/wp/wp content/uploads/2017/05/f443d00b305e16796e4f10e24610f46b

↑ 最大斜度通過後ホッとして見上げる

/home/haccho/www/haccho jp/wp/wp content/uploads/2017/05/67ff933f08558d65b2c62c3dea45873e

↑ 天狗原上空に彩雲が

/home/haccho/www/haccho jp/wp/wp content/uploads/2017/05/0ab73d5d5c697b225f228da892650020

↑ 日焼け防止にバラクラバ被ってます

/home/haccho/www/haccho jp/wp/wp content/uploads/2017/05/3ba033aeed445b57ffde0d095a30e5d3

↑ 下山日のババ平

/home/haccho/www/haccho jp/wp/wp content/uploads/2017/05/1432732e1035f590fa7835f2c3506d3b

↑ 河童橋は大賑わい

神楽ヶ峰、平標山スキー 2016年3月12、13日

3/12 田代スキー場ではパトロールさんに指導され通常のツアールートらしい1600mのリフト上まで乗継でからシール登行で神楽ヶ峰2029mを目指す。 か ぐらスキー場から山頂経由の田代へ滑り込むスキーヤーとは擦れ違うが、田代から登る奇特な山ヤさんは皆無であった。 山頂から視界200mの中を滑り、かぐ らスキー場のゲレンデに入って、みつまたの駐車場まで滑り降り、路線バスで田代スキー場駐車場に17時半に戻る。 (今回はレンタカー利用で2名の車中泊)
3/13 お楽しみ山行で秋に登った平標山を目指す。 西南側のヤカイ沢沿いにスキーシール登行。途中、八岳連の松島さんに追抜かれる。松島さん昨日は谷川岳熊穴沢を滑って来たそうだ・・・。1750mで昼となり切上げるが、山の下部は樹林なのでスキー滑降も一苦労でした。 (鷲林 記)
0.かぐら平標

1.'16.3.12.11223/12(土) 曇り
11:20 標高1650m
数エ門平付近をスキーシール登行。 田代ロープウェー山麓駅乗車10時なのに登りのルート変更で、かなり手間取ってしまった。
2.'16.3.12かぐら1510 15:10 1900m地点
かぐらスキー場最上部リフト上辺りをみつまたの駐車場へ向かい滑降する。
(神楽ヶ峰2029mはガスの中14時過ぎに通過)
3.'16.3.12バス1721

 17:13 みつまたスキー場バス停乗車
田代スキー場の駐車場へ戻る。
(みつまたスキー場駐車場までの下山スキーコースが閉鎖してなくて幸運でした)

4.'16.3.12田代1921 田代スキー場駐車場の一角でイベントやってました! 宿場の湯に浸かってから、会場屋台で食事できて助かりました。
5.'16_3_12tasiro 田代・二居観光協会主催で花火があがります。 二居民宿やロッジ宿泊の方々で賑わっていました。
6.'16.3.13田代駐車場0626 3/13(日) 晴れ
田代スキー場駐車場から平標登山口へ移動します。
(左手の四畳半程のバス待合小屋は仮眠できそう)
7.'16.3.13出合0803  8:00 1030m ヤカイ沢出合
トレールは明瞭です。
8.'16.3.13ヤカイ沢1030 10:30 1400m
左手奥に苗場山が見えます。
9.'16.3.13尾根1237 12:30 1750m
平標山へ続く南尾根で時間切れ。引返します。 先行パーティが山頂からヤカイ沢を滑降していくのが見えました。
10.'16.3.13.1244 夏なら笹ヤプの樹林でもスキーで楽に登れます。しかし下りはブッシュに阻まれ快適に滑降できませんでした。
(苗場スキー場が奥に見えます)

南会津 大戸沢岳2089m山スキー 2016年2月27日

今年は雪少なく沢の渡渉を嫌い下部の北東尾根を重い雪に苦労しスキーラッセルで行くが 標高差1000m上がった1900m地点で15時半。シール剥がして滑降するが雪質重くスキーが滑らず楽しくない。沢に降りても延々とスケーティングで夜になってしまった。雪質を見極めて早めに切り上げるべきでした。 (記:鷲林)

 0.大戸沢岳

 

 

大戸沢岳の北北東尾根でなく、1700mで北尾根に誤って入り込み中ノ沢へ突入

 1.嫁郷0710

 路肩に駐車し 7:10出発

 2.東尾根900m0740
 下大戸沢から標高900m地点の北東尾根へ取り付く 7:40
 4.1400m1115 北東尾根1400m地点で既に 11:15
 5.1650m1310 1650m地点 13:10大戸沢岳は遠い
 6.1950m1530 1950m地点 15:30
 8.滑降1540 ここまでとし北北東尾根へ向け滑降開始 15:40
 9.大戸沢岳北東尾根'16.2.27 - コピー 雪質が重くスキーが滑らない高畑スキー場が右手奥に見える
 11.1700mで誤り北へ1600m1620 1700m地点でついっと北斜面に引き込まれてしまう  16:20
 13.1350m1710 中ノ沢へ突入し1350m地点
の滝を恐る恐る
廻り込む 17:10
この後、延々と下大戸沢
へ向け真っ暗な河原を
スキーを滑らせ戻る
 14.山口温泉きらら289道の駅

 翌日、隣の三岩岳は中止し
山口温泉道の駅「きらら289」
で朝食入浴して帰王した

H27年,双六ベース春山スキー

昨年の平成26年度に引続き 2015年4月26日~29日の3泊4日で新穂高温泉から入り、双六の冬季無人小屋を利用させてもらい、鷲羽岳までの単独山スキーに行ってきました。今回もザックは18kg超え、スキー板の滑走面が再度はがれたので予定していた双六周辺の滑降を止めざるを得ませんでした。もっとも今年は晴天続きで雪面が腐りスキー滑降には適してない様でした。私の場合はもしも条件良く歩き通せた場合、新穂高温泉から双六小屋まで13時間の登りになると思います。でも無理はしません。(記:washi)

4/26(日)ハイウェイバスにて平湯温泉に11:30、路線バスで新穂高ロープウェイ下に12:30。ショートスキー板を抱えてわさび平小屋(営業期間外)まで。15:00軒先をお借りしてツェルトに泊まる。 翌朝7時出発、小池新道で下山者2名とすれ違う。
春の雪面は2000mから上の急斜面だと、融けて流れた様な縦溝が発達して滑降に支障するので、軽い降雪があった方がベター。 快適に飛ばした昨年の荒天後の槍沢滑降がうらめしい。
弓折岳へ上がるにつれて穂高連山が見えてきました。
槍ヶ岳から続く穂高連峰。 今年の西鎌尾根は風と日射で雪が融けて無くなり、歩き易すそうです。
←【参考写真】 2014年5月4日の西鎌尾根の稜線は雪がびっしり付いていました。
弓折岳山頂に 4/27(月) 14:40到着。 槍ヶ岳に続く西鎌尾根の稜線は雪がほとんど無い。
遠く鷲羽岳まで見渡せて天気が良いです。 双六小屋までの広い尾根は荒天で視界不良だと迷いやすく過去に5回中、3回はうろうろした覚えがあります。
17:40 かつて双六共和国と呼ばれたこの地にて今は独り、冬季開放小屋を利用させて頂きます。
 4/28(火) 前夜に三俣山荘付近にテント泊の単独行者が双六小屋まで到着。すれ違いで 6:50に出発。スキーシール登行途中で片側の滑走面が剥がれたので、板は残置デポして歩く。アイゼンは終始不要。
双六岳の東側斜面を巻いて三俣蓮華岳へ登頂し、少し戻って先程の単独行者が歩いた跡を辿り三俣山荘へ。
三俣蓮華岳から臨む春の黒部川上流と雲の平の溶岩大地。
 4/28 11:30 鷲羽岳2924m山頂。
槍ヶ岳をバックに鷲羽池。 過去にスキーで滑り込んだ事が思い出されますが、今回はスキーの故障で滑降は無しです。
鷲羽岳から臨む水晶岳。 過去asaiさんと迷って雷雨の中2泊もした尾根が今日はうららかな春の良い天気です。
 4/29(水) 前夜の小屋泊は計3名、2人とも単独で今日は黒部五郎小屋だそうです。 下山日とした 5時、鷲羽岳の朝焼けです。
下山では弓折岳直下の急斜面だけアイゼンを一回使用しました。 平湯温泉バスターミナル3階の温泉で疲れを流し、17時発のハイウェイバスで新宿方面へ無事帰りました。