投稿記事(blog)

沢研修 笛吹川 ヌク沢

 今年は梅雨明けが遅く8月1日に「梅雨明け宣言」があり、たまたま梅雨明け第1号となる、翌2日(日曜)に恒例の「沢登り研修」を笛吹川ヌク沢で実施しました。7月18日に下見として遡行した4名と今回新たに5名が加わり9名の参加者で実施しました。新たに加わった5名のうち、2名の会員は沢登りが初めてです。感染症予防のため、8人乗りのワゴン車に4名、普通車に3名、普通車に一人で参加した会員が2名と言う、贅沢な交通手段となりました・・・。
 この日のお天気は予報よりも良くなり、時々晴れ間も顔を出す、またとない沢登り日よりとなった。連日の降雨で水量が多く、水勢もかなりきつく、沢登り研修としては絶好の条件に恵まれた。長い間の「自粛」のストレスを発散するかのように、皆が勢い良くウオータークライミングに挑戦したのは当然のことです。また、初めて沢に入った2人の会員にとっては、ほんとうにラッキーな一日であったと思います。すっかり沢の面白さ楽しさを知った様ですから・・・、今後が楽しみです・・・!
 下見までやってくれた、wさんをはじめ今回もまた参加して頂いた会員の皆さまに深く感謝申し上げます!

元木 記

「幅広滝」を越えたところで

1月19日の新春山行「箱根金時山」以来、天候不順も有り、半年振りに掲げた「会旗」です
出発前の点呼
西沢渓谷、駐車場にて
ネトリ広場の休憩所をお借りして、沢支度と装備点検を行う!
最初の堰堤を越え、いよいよ沢歩きのスタート
後続パーティーの4名
徐々に厳しくなって来ました!
でも、足下の岩は激しい水流に洗われ、滑ることはありません
「2段5m滝」
ここは、ロープを張り、安全を期して通過する。

中間支点の確保が難く苦労する・・・。
支点ロープが脱落するのを防止するために、別のロープでビレーを取る。
こちら後続パーティーの4名
Fさんは余裕?の合図!
ナメ滝が続く・・・

ここは、ロープを張らずに越える・・・・!
水流の激しさがお分かり頂けますでしょうか?

「2段6m滝」を大きく高巻き、「2段7m滝」に遊ぶ・・・
この後、2号堰堤(近丸新道横断地点)下で昼食を摂り、近丸新道から西沢渓谷に戻る。

「西沢森林軌道」の遺構
昭和44年までは硅石と木材の運搬が行われていたと言う。
海外から安い硅石(ガラスなどの原材料)が入って来たことにより、その使命も終わった!
         “お疲れ様でした・・・・”

毛無山~十二ケ岳 初級岩稜研修

5月20日 快晴の空の下、毛無山~十二ケ岳の岩稜地帯にて岩稜研修を行った。
今回は初級と中級研修に分かれて実施したが、初級と言えども決して気を抜けない岩場でのロープワークを含む研修になりました。
全員真剣に取り組んだ。基本中の基本のエイトノット(8の字むすび)に手こずったりしたが、現地に向かう電車の車中で皆必死にフィギヤエイトフォロースルーまでマスターする。また今回はエイト環を使わず簡易ハーネス+ムンターヒッチで急下降の岩稜を降りるので、これまた必死でムンターができるように頑張った。お陰で河口湖駅に着くころには、皆ほとんどマスターしていた。毛無山までの急登を終え、山頂で昼食後、平地で再度ロープワークの復習を行う。全員の習熟度合いが揃ったところで、十二ケ岳に向かう。すぐに岩稜地帯の急下降が出てきた。早速ロープをセットしムンターにて降りてもらう。最初はなかなか怖くて、ロープに身を預けられないかったが、何度かやるうちにさまになってきた。十二ケ岳からの下山は桑留尾まで降りたが、一日中晴天に恵まれ富士山やミツバツツジにも見守られて充実した研修ができた。       

矢崎 記

                                       十二ケ岳山頂にて
河口湖に向かう電車の中で、ロープワークの
練習です。
まずは、毛無山までの急登を登ります。
最初肌寒かったですが、すぐに汗が出てきました。
毛無山山頂で、ロープワークの訓練を行い、
十二ケ岳に向かう岩稜地帯で、ロープを使った
下降訓練です。
結構さまになってきました。
十二ケ岳山頂前の岩場で、山本さんがベテラン
の技をみせます。
一日中富士山に見守られて、充実した研修が
できました。

沢登り研修 奥多摩 水根沢谷

6月11日に沢研修を実施しました。手近なことから奥多摩では人気のある、水根沢谷に参加者12名で行ってきました。事前に行った実踏の結果から、沢登りが初めての会員がいること、未だ水温が低いこと、日曜日のため入渓者が多く待ち時間が予想されることなどから、2段12mの大滝までとし、そこからは左岸の急斜面を登り、並行する水根沢林道に出て下山する計画としました。
 水根沢谷の総合グレードは、ヤマケイの「沢登ルート120」によれば初級となっております。しかし、中に進んでいくと釜をもった滝が次から次へと出てきます。滝にとりつくまでに釜の中を進まなければならず、濡れる、濡れる…!へつったり、巻いたり、あえて水際を突破したり、無駄に全身を濡らしながら登ってきました。真夏の時期であれば、濡れながら遡行していくも良いけれども、この日はうす曇りのため、濡れるたびに体が冷えていき、震えが止まらない遡行になりました。
少し難しいへつりではドボン・・・、シャワークライミングあり、美しいゴルジュやナメなど・・・、参加者の皆さん、沢の面白さを十分に味わえたのではないでしょうか・・・。

by motoki

sIMG_6227
 3m滝  水に胸のあたりまで浸かって滝の下まで進み、左壁をへつって登る 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

入渓前の集合写真
「さぁ、出発だ!」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA最初の2m小滝は右側を巻いて登る
OLYMPUS DIGITAL CAMERA次の釜を持った3m滝
胸まで浸かる深さのある淵を4~5mほど進み、
左壁をへつり登る
sIMG_6209沢を横断する橋をくぐり、さらにゴルジュ帯を
先へ進む

sIMG_6212橋をくぐったすぐ後にある、中央に大岩のある二条の3m滝
大岩の左側から登るが、手掛かり足掛かりがなく苦戦する
sIMG_6215陽の当たる場所を選んで休憩タイムを取る
休憩の後、沢登りの基本について「現地講習」が行われた
机上とはまた違った実践的な学習となった
sIMG_6224ゴルジュ帯を進むと3m程度の滝が連続する
胸のあっりまで浸かって、左壁をへって越えた3m滝がこの次に現れる
 sIMG_62322段12mの大滝の手前のゴルジュ帯で、計画通り遡行を終える
この後、水根沢林道まで崖の様な急な斜面をよじ登らなければならない・・・
unnamed -1ようやく水根沢林道に出合う
やれやれ、お疲れ様でした!

岩稜研修 日和田山

2016年5月22日
 今年も恒例の岩稜研修を21名の参加者を迎えて開催しました。夏山シーズンに向けて沢登り、縦走の時、岩場を安全に登るためのトレーニングです。
 岩に触れて、手の感覚、足の置き方、高度感、怖さなどに少しでも慣れるように! 男岩、女岩にロープを3本張り、三班に分かれて、午前はトップロープで攀り、午後はセルフビレイ、エイト環のセットの仕方を確認しながら懸垂下降をしました。

占部芳子 記

2016-05-22 8-23-07_0004男岩を登っている池本さんjpg

男岩を登っている池本さん

 

  木下さん
 2016-05-22 10-30-22_0016日和田山男岩を登っている

 元木さん

 

 IMG_3116巾着田で反省会jpg 
            巾着田で乾杯・・・!!

雪上研修・八ヶ岳 硫黄岳~天狗岳テント泊縦走

  3月19~21日、当会本年度最後の事業である雪山研修を硫黄岳~天狗岳でテント縦走を4人のメンバーにて実施した。一日目、曇天の中北沢より赤岳鉱泉入り幕営、鉱泉はかなりの混雑。二日目は快晴、硫黄岳よりはすべての展望在り風弱く快適。黒百合ヒュッテはテントもヒュッテ内も満員?だ。20キロのザックを背負ってのテント泊は辛いが気楽さと自由さには代えられない。三日目は霧氷ガスの中アイゼンピッケルワーク後出発、渋の湯下山無事3日間の研修が予定通り有意義に終了した。

/home/haccho/www/haccho jp/wp/wp content/uploads/2016/03/160327 dsc05613

 2日目赤岩の頭に飛び出し硫黄岳への稜線を行く
 

/home/haccho/www/haccho jp/wp/wp content/uploads/2016/03/160327 dsc055941

19日、八王子発7時29分のあずさ2号に乗り込み、茅野着後すぐ予約タクシーにて美濃戸口入り、やはり連休登山者が多い。身支度を整い装備を分担確認後出発、北沢より赤岳鉱泉に入る。

 今年は雪が少ないとはいえ、鉱泉付近で1300ぐらい、雪山としては十分だ。

 

/home/haccho/www/haccho jp/wp/wp content/uploads/2016/03/160327 dsc05595

 名物の「アイスキャンデー」、氷の状態は良くないが数人が取り付いていた
 

/home/haccho/www/haccho jp/wp/wp content/uploads/2016/03/160327 dsc05601

 幕営費一人1000円を支払い、鉱泉裏の平坦地を探し、テント設営、整地から設営まで30分ぐらいだろうか・・。
 

/home/haccho/www/haccho jp/wp/wp content/uploads/2016/03/160327 dsc05609

 2日目、快晴の中再び思いザックだ、4,50分おきに休みを取る
 

/home/haccho/www/haccho jp/wp/wp content/uploads/2016/03/160327 dsc05611

 赤岩の頭直下、急斜面でしんどいところだ
 

/home/haccho/www/haccho jp/wp/wp content/uploads/2016/03/160327 dsc056201

 硫黄岳山頂はツアー団体をはじめ大勢の登山者でいっぱいだ
 

/home/haccho/www/haccho jp/wp/wp content/uploads/2016/03/160327 dsc05625

 十分に展望を楽しんだ後ははるか先の天狗岳に向かうが、やはりここから先はぐっと少なくなる
 

/home/haccho/www/haccho jp/wp/wp content/uploads/2016/03/160327 dsc05638

 天狗岳直下、雪が不安定の時や風雪の時は緊張するところだ。今日は何の心配もない登山日和・・。
 

/home/haccho/www/haccho jp/wp/wp content/uploads/2016/03/160327 dsc05655

 黒百合ヒュッテに着き、昨日同様誰も張っていない所を整地幕営します。夕方早くから2日間の無事行動に乾杯!テントは誰にも気兼ねなく自由の幅が大きい。参加メンバーの緊密度も高くなる。
 

/home/haccho/www/haccho jp/wp/wp content/uploads/2016/03/160327 dsc05674

 3日目朝とてもきれいな霧氷が見られた。テント撤収後クラストしている斜面でアイゼンピッケルワークの確認、滑落停止の確認をし、下山する。

 渋の湯にて一番風呂を頂きタクシーにて茅野駅、近くの蕎麦屋さんにて乾杯!、昼過ぎのあずさにて早めの八王子着となった。

 

 ※久しぶりの八ヶ岳、昨年3月は遠見尾根より五竜岳、その前年は燕岳や鳳凰三山や上越の谷川岳や荒沢山など毎年地域を変え実施してきた。メンバーも少なめである程度固定したメンバーではあるが会としてはどんな形であれ「雪山研修」として活動は続けていきたいと考えています。

                                              会長  熊谷記