投稿記事(blog)

五竜岳~鹿島槍ヶ岳

 昨年、悪天候で実施できなかった五竜岳~鹿島槍ヶ岳に行って来ました。

 9/14 ゴンドラリフトを使って八方尾根を登り、唐松岳へ向かう。この日は快晴で汗はダラダラと滴り、少し進んでは一本を繰り返す。14時30分頃に唐松岳頂上山荘に到着、荷物を空身にして唐松岳に登る。頂上は雲に覆われていたが、雲の隙間からは立山連峰から五竜岳を望むことができ、明日からの縦走に期待することができた。山荘は満員だった様で4畳の部屋に7人が寝る形であった。

 9/15 4時に起床、ストレッチを行って5時に出発する。初めて岩場に臨む人が多かった?影響なのか牛首は渋滞となってしまい、通過に時間を要してしまった。7時40分には五竜岳山荘へ着く。五竜岳山荘で「山が好き、酒が好き」Tシャツを購入し、五竜岳に登る。ここから岩稜帯となるため、登る人と下る人がお互いに声を掛け合いながら通過する。9時頃に山頂に到着、皆の体調と天候を判断し、キレット小屋へ向かう。G4とG5の岩場を慎重に通過、14時頃にはキレット小屋に到着。小屋では、同じルートを行くパーティの方とお酒を酌み交わしながら、明日の鹿島槍ヶ岳に期待する。

 9/16 4時に起床、4時45分にキレット小屋を出発する。ここから八峰キレットと呼ばれる、横がスパッと切れた岩稜とクサリ、ハシゴの連続となる。ヘッデンで目の前を照らしながら通過する。周りが暗かったお陰で恐怖感を感じることなく、通過することができた。次第に鹿島槍を覆っていた雲が取れ始め、北峰と南峰を目の前に望むことができた。6時40分に北峰、7時40分に南峰に到着する。冷池山荘辺りから天候が曇りとなり、晴れた状態で鹿島槍ヶ岳に登ることができて良かった。12時頃に種池山荘に到着、15時頃には扇沢へ下り、3日間の壮大な計画を終えることができた。

浅岡 記

鹿島槍ヶ岳山頂にて。皆で握手を交わし達成感を味わう。
唐松山頂にて。
暑くて持ってきた水を飲み切ってしまった。
牛首付近にて。
太陽の日差しを浴びながら、慎重に通過する。
五竜岳付近の岩稜にて。
余裕の顔を見せ、ポーズを決める。
五竜岳頂上にて。
いよいよキレット小屋へと向かう。

G4を通過、目の前にG5と鹿島槍ヶ岳を望む。

キレット小屋に近付くが、岩稜帯は一向に続く。
八峰キレットにて。
声を掛け合いながら、慎重に通過する。
道中、雷鳥を見ることができた。
鹿島槍ヶ岳北峰にて。
目の前に南峰を望み、山行が終わりに近づこうとすると感慨深い。
柏原新道を下り、目の前にはゴールが見える。
3日間縦走できたことの達成感は大きかった。

 

富山湾から駿河湾へ『日本アルプス大縦走』 完登記念

『日本アルプス大縦走』の第8弾(最終回)となる、茶臼岳~光岳~加加森山~池口岳の縦走を無事に終わることが出来ました。
 今回は、初日に横窪沢小屋まであと30分と言うタイミングで、急などしゃ降りに会った以外は3日間とも好天に恵まれ、これまでに歩いてきた中アや南アの山々、富士山などを眺めながら変化に富んだ山旅を楽しむことが出来ました。
 光岳~加加森山~池口岳の縦走は玄人向けのコースと言われ、踏み跡を見失わないことに、細心の注意を払った結果、間違うこともなく完登できました。行動時間は連日12時間を超えましたが、体調を崩すこともなく、疲れることもなく、山の会の結束力と協調性と根性を再認識できた山行でした!
 今回はもちろんのこと、これまでにこのシリーズにご参加・ご支援を頂きました鷲林さん、会長をはじめ多くの会員の皆さま方に心から感謝申し上げます。

元木 記

夜明けの光岳山頂で 2019.8.12  5:05

8/10 畑薙ダム(沼平ゲート)~横窪沢小屋

南アルプス登山指導センター前で

一年ぶりに「畑薙大吊橋」を再び渡る
上河内沢に架かる3本の吊橋は、ご覧の通り、
流されて跡形もない・・・・。

昨年もお世話になった「横窪沢小屋」の夕食
枡酒に注目・・・!

8/11 横窪沢小屋~光岳小屋

展望ベンチから見る、夜明けの大無間山

8:28
茶臼岳山頂  2,604m
第8弾は、ここがスタート地点だ!
茶臼岳山頂から
昨年歩いた、兎岳~聖岳を望む
どこまでも青い空が拡がる・・・
光岳 2,591.5m
石灰岩の岩塔「光石」
光岳は2,500mを超える、日本最南端の山

8/12 光岳~加加森山~池口岳~遠山郷へ

光岳から黎明の富士

加加森山を目指し、光岳を下る
微かな踏み跡を頼りに進む・・・
中央アルプスの遠景
このシリーズで、2015.8.13~16に縦走した
加加森山の山頂まであと一息
ご覧通りの登山道・・・?
ようやく加加森山へ
光岳と池口岳のちょうど中間点くらいか
「まだ先は長いぞ・・・」
痩せ尾根を越え、倒木帯を越え・・・、
ひたすら池口岳を目指す・・・。
10:35
ようやく、池口岳(北峰)へ
池口岳は双耳峰で、南峰までは更に40分とか・・・?
池口岳ジャンクションからの下り
1本のトラロープを頼りに、大岩を降りる・・・。
14:15
このルート最後のピークとなる「黒薙」で
あと2時間・・・流石に疲れの色が・・・。
遠山郷の民宿「島畑」で
会長から
「富山湾から駿河湾へ 日本アルプス大縦走」
“完登記念”「8年越しの夢を成就」・・・、
と記された、お手製の木製ペンダントを頂き、
加えて、皆さまからの心温まるメッセージに
感激・・・!

宿のご主人からは、山奥ならではのご馳走や
とんでもないお酒の振る舞いも・・・。

8/13 遠山郷~遠州灘 中田島砂丘へ

ついに終着点「遠州灘」へ
台風10号の接近で高い波が次から次へと押し寄せる!
万感の思いを込めて『バンザイ・・・』

あとがき
 2012 年の夏、黒部川の源流の一つである赤木沢を遡行した時に出会った、日本一過酷なトレールランと言われる山岳アドベンチャーレースTrans Japan Alps(富山湾をスタート地点とし、北アルプス、中央アルプス、南アルプスを越えて、駿河湾まで約415kmの距離を8日間以内で走りきる山岳マラソン)に挑む超人たちの不屈の精神力に強い刺激を覚え、「日本アルプス大縦走の山旅」を2013 年8月から始めてから7年目、今回はその最終回である。南アルプスの深南部といわれている、茶臼岳~光岳~加加森山~池口岳、約39.5kmを縦走し、最終日は遠州灘の和田島砂丘で太平洋に浸かり、遠大なプロジェクトの幕を下ろすことが出来た。

山の会 元木

甲斐駒ヶ岳 黒戸尾根

 甲斐駒ヶ岳、黒戸尾根に挑戦です。今週は天気図とにらめっこしてましたが、お天気もまずまず。

副会長からは「体力勝負」と助言をいただきました。体力には自信のある4人でいざ出発。

                     記  田川

 

 まずは横手駒ヶ岳神社に怪我の無いように
祈願しました。    
  黒戸尾根はこんな梯子の連続です。
平さんは余裕の笑顔。
みんなで天国に登ってる見たいと笑いました。
でもしっかり整備されてるので安心。

七丈小屋に到着。
新しい小屋番、憧れの花谷さんは北沢峠に下山中で留守でした。

みんなで楽しく乾杯です。

七丈小屋から甲斐駒ヶ岳山頂までが

岩場の連続で中級の岩稜研修でした。

                           

こんな感じです。結構怖いところもありました。
黒1点の知見さんが女性陣をカバーしてくれます。
声かけが大事です。

黒戸尾根から見える劔。修験者の山という感じです。

格好いい。

天候に恵まれ楽しい山行でした。ちなみに四人ともイニシャルT。

チームTでした。

初めてのブログで上手くできませんでした。チームTごめん!!

富山湾から駿河湾へ「日本アルプス大縦走の山旅」

 8月10日の夜に八王子を出発し、11~15日の4泊5日で「日本アルプス大縦走の山旅」の第7弾となる、南アルプスの最奥部、赤石岳~聖岳~上河内岳~茶臼岳までの約40kmの山旅を楽しんで来ました。
 今回もまた、ほぼ毎日一度は雨、時には雷に見舞われると言う悪条件でしたが、その分、雨雲が晴れ、ガスが消えると素晴らしい展望が拡がり、疲れを忘れることが出来ました。長丁場では有りましたが全員の足並みが揃い、体調も良く、もちろんケガもなく大変楽しい山旅となりました。

元木 記

快晴の兎岳山頂で

      “いざ出発” 椹島で

8/11 畑薙第一ダム~椹島~赤石小屋

 一年前に第6弾で下山した、椹島(さわらじま)を出発する。
赤石小屋への登りは、寝不足の身体にはちょっと厳しかった・・・! 
夜は満天の星空の中、流れ星も見ることができた。

    赤石岳 3,121m 山頂で

 8/12 赤石小屋~赤石岳~百閒洞山の家

 赤石岳の山頂に着く頃には雨が激しくなり、避難小屋に一時避難することにした。
ひさしの所で雨を凌いでいたが、やがて雷雨となったため、少しずつ詰めて頂き小屋に入らしてもらう。
 小屋で1時間ほど静まるのを待って、この日の目的地、百間洞山の家に向かった。

  左-大沢岳、右-赤石岳 兎岳の登りから

8/13  中盛丸山~兎岳~聖岳~聖平小屋 

 朝から良いお天気だ。一日中こうあって欲しいものだ。
兎岳頂上からは歩いてきた赤石岳からのル-トが明るい陽射しを受け、素晴らしい景色を見せてくれた。

 

上河内岳にかかる虹 聖平で

 聖岳山頂まであとわずかのあたりから雨になり、またも視界はない。
聖平へ下る途中の稜線で激しい雷雨に変わる・・・。
樹林帯に入りようやくホッとする。

 夕方には雨も上がり、綺麗な虹がかかる!

   越えて来た「聖岳」 南岳の登りで

8/14 南岳~上河内岳~茶臼岳~横窪沢小屋

 朝は天気も上々、展望も良く、気持ちの良い登りだ。
南岳の山頂からは昨日、雷雨の中を登った聖岳が間近に見える。

  雲海に浮かぶ富士の遠望 南岳山頂から

遠く富士山が雲海に浮かんでいる・・・。
夏空に白雲がたなびき、悠久の時が流れる。

  マツムシソウと日本ミツバチ

お花畑が広がる天空の楽園を行く
アキノキリンソウ・シナノオトギリ・トリカブト・ミヤマシシウド・イワツメグサ・・・


 第7弾、最後の山頂「茶臼岳」でしばしの休息

茶臼岳へは緩やかな登りだが、頂上までが長く感じられた。
頂上では「富山湾から駿河湾へ 第7弾」を称え合い、しばし歓談!

 ゆったりさせて頂きました・・・。 横窪沢小屋で

8/15 横窪沢小屋~畑薙大吊橋~沼平

横窪沢小屋はTJAR 2018(トランス・ジャパン・アルプスレース)通過点の一つだ。
「目指せ完走! 安全第一 の表示が目を引く!
今回は一体何人の選手がここを通過できるだろうか・・・?

ともかく、日本一過酷な山岳レースである!

  

  畑薙大吊橋を渡る 「ヤレヤレだぁ~」

長かった第7弾の山旅が、これで終わった。
また、来年もここからスタートだ・・・。  

「駿河湾までもう少し・・・・」 

あとがき
 来年の夏休みの第8弾は、畑薙大吊橋をスタートして、茶臼岳~仁田岳~易老岳~光岳を計画している。日本アルプス大縦走としてはこれで終わりだが、光から先どこを下るのか・・・、今から楽しみだ!

立山三山

8月4日~5日にて学生時代の友人と共に立山三山に登ってきた。前日の夕方八王子を出発し2時間で梓川SAに到着後、前泊。翌朝5時に扇沢に向かう。朝6時には既に多くの登山者が切符売り場に並んでいた。7:30の始発トロリーバスに乗り込み黒部ダムに向かう。黒部では観光客に混じりダム見学を行った。その後ケーブル、ロープウェイ、トロリーバスを乗り継ぎ室堂へ到着。早速浄土山への登山道に入る。一ノ越を越え雄山への急登に取りつく。この日は快晴で気温も高くかなりきつかった。雄山山頂には神社があり、ご祈祷などもしていた。雄山を後にして大汝休憩所を通過し、今度は大汝山に登る。その後、富士ノ折立を息を切らして登った。折立の先端はツンと尖った岩場、楽しんで先端まで行く。その後真砂岳を通過して1日目の宿泊地である内蔵助山荘に到着。翌日は6時出発。まずは三山最後の目的地別山に登った。南峰、そして北峰と登るが目の前に立山の主峰剱岳の素晴らしい姿を目の当たりにして感激した。下山は剣御前前小屋を経由して雷鳥沢キャンプ場におり、エンマ台を経由して室堂に戻った。2日間とも快晴に恵まれ、最高に楽しい3000mの稜線を歩いた。

矢崎 記

別山北峰からの剱岳
朝6:00扇沢バスターミナルでは既に多くの登山客がならんでいました。この後7:30の始発のトロリーバスに乗車しました。
扇沢からトロリーバスで黒部ダムへ。
多くの観光客に混じり黒部見学。大量の水が放水されていた。
室堂から浄土山に登る途中に雪渓があった。
この日は暑かったが、雪渓の上はヒヤリとして気持よかった。
雄山山頂。山頂には社があり、多くの人がご祈祷をあげてもらっていた。観光客が多かったが、この先から、ほとんど登山者のみとなった。
富士ノ折立山頂は尖った岩場。
楽しく登り、学生時代に戻り大はしゃぎ。
3000mの稜線の両脇にはカールが広がっている。
カールからは気持ちの良い風が吹き上げていた。
真砂岳に向かう稜線。
この辺りには観光客は全くいなくなった。
別山北峰にて剱岳をバックに。
いつか登りたい。

今回の山行は毎年恒例にやっている、友人との山行でした。天気は最高で、学生時代に戻り冗談を言い合いながら、本当に楽しく歩いてきました。立山と言うのは、観光客がこんなに居るとは知りませんでした。歩き始めは、何か場違いなところに来てしまったかな~っと思ったくらいです。雄山への岩場の上りを小学生が、運動靴で登っているのには驚かされました。このルートは初心者の方にお勧めのルートです。自分が歩いたルートが一望に見渡せる素晴らしいコースです。剱岳の大展望のおまけつきで~す。