投稿記事(blog)

万太郎谷本谷 追加版

1  
2  
3  
4  
5  
6  
7  
8  
9 リーダーのN氏には大変お世話になりました。三ノ滝登攀のリードは経験がモノを言う印象です。また宜しくお願いします。地粉のすいとんは大変美味しかったです!     記 ACHAN

魚野川 万太郎本谷

コース:吾作新道駐車スペース~入渓点~万太郎本谷~天神尾根~田尻尾根~土合駅

 

 IMGP0117  駐車スペース
 IMGP0119  立派な堰堤のある入渓点。
 IMGP0121  ナメに浸ってる暇もなく、男性陣の早い歩きに遅れないように必死にカメラを持って急ぐ。
   
 IMGP0125  真夏並みの水温で胸まで浸かり歓声が上がった。
 IMGP0140  オキドキョウのトロ
 IMGP0141  釜をもった小滝は美しいエメラルドグリーン
 IMGP0144  
 IMGP0147  
 IMGP0149  
 IMGP0157

 Wさん親子は難なく泳いで突破。ヤツメウナギ泳ぎ?らしい。

後続二人は水流にまけロープで・・・。

 

 IMGP0173

 巻きました。この後お天気も下り気味に。

テントは二ノ滝と三ノ滝の間の高い場所を探し張る。後にザーザ降りに。

 IMGP0252  翌日、遡行開始から間もなく三ノ滝が見えた。先行パーティが2,3いた。
 IMGP0251 残置の支点を頼りにNさんが先に行き、凹の登り始めに苦労した私を含め全員クリアー。
 IMGP0247

 後はひたすら登山道めざして登る。

 IMGP0246  
 IMGP0244

 途中、アザミの葉や蜂に刺されたりしたが、なんとか登山道に出たときはほっとした。振り向くと、雲が不気味に煙のように次第に降りて近づいてくるのがみえた。

 

   投稿者;S本でした。
   
   

 


 

会恒例・暑気払いバーベキューを賑やかに開催

 8月28日(日) 、恒例・暑気払いバーベキューが和やかに、にぎやかに、楽しく開催されました。これは4月総会、5月八峰登山、8月暑気払いバーベキュー、1月新春山話会の会重点事業の1つでもちろん全会員が対象として呼びかけています。重点事業のため山下副会長が担当責任者、当日は活動会員はほぼ参加し、30名が参集、予定どおり午前8時集合、会長挨拶後山荘整備を1時間、テント張り点検、火器点検・使用方法確認、今年度初めてのビーコン使用法、そして野天山話会と順序よく予定通り進行、しいよいよ暑気払いバーベキューの開会です。

 7848装備点検  山荘整備後テントや火器の点検作業、使用法の確認です。会員はいつでも迷わず手際よく使いこなさなければなりません。
 7860宝探し  冬山に備えてのビーコン確認、使用法の練習です。みなさん苦労していますがこれは数をこなし慣れるしかありません。
 7886山話会  長門副会長の進行で夏山の報告、そして9月山行の計画発表などのほか八岳連の行事計画や連絡事項の伝達です。
 7899ご馳走の準備  いよいよパーティ、例年のことなので女性の皆さんとても手際がよい。
 P8280011  たくさんの料理が並びます。上質の肉がたっぷり、豚トロもあります。特製たれ作りも申し分ありません。和唐さんよりは鹿肉の差し入れとても美味しいです。
 7912乾杯

 今年も猛暑を乗り切りました。安全登山も目指します!乾杯!!音頭はご年配ですが山登りもお酒飲みも積極的な・・さんです。

 7918.談笑JPG

 会員はみんな明るく楽しい人たちばかりだ。

 P8280014  焼肉食べ放題!生ビール飲み放題!話が弾みます。野外料理はいつもたのしい。
 P8280021 チャリティー、 会員がもちよる品物を安く売ります。なんでも元気がなければ売れません。
 7950ソーメン流し  長門副会長がセットするソーメン流しはいつも好評だ。あっという間になくなります。
 P8280026  スイカにブドウとフルコース、これで会員ならば2500円!山の好きな市民の方々、一緒に山登りはもちろん、こんな野外料理もたのしみませんか!
 P8280025  山の歌を歌って心を一つに・・・。予定終了時間を1時間近くもオーバーしましたがそれだけたのしい時間だったのです。
 P8280013  私たちはアットホームでありながらも安全登山を第一とし、八王子市民のための講習会、市民登山、八峰登山など事業協力も積極的にしています。

 通いなれたこの山荘、築45年が過ぎ痛みもだいぶあるがまだまだ使用可能十分であるし会員憩いの場としてその価値は高い。50年後の会のあるべき姿を想像し、十分な調査を済ませ、市役所関係や高尾山に何度もお願いをし、山荘建設に意義を見出し、意欲を見せて実現させた会創立者の城所氏,遠藤氏には今更ながらだが敬意を表し、感謝したい。5周年の建設、10周年の増築、20周年の大改修とそれぞれ会員より大きな出資金を集めて建設、維持をしているが当会正会員約50名のなかでも出資しているのは7名のみだ。当時は新年のもちつき、新会員歓迎会、研修会、山荘際、合宿準備、忘年会そして山行が中止になれば山荘でトレーニングや昼食会など何度も足を運んだ。入会後40年が過ぎ、先輩方にお世話になった恩返しとして、今は会責任者として創立理念、山荘建設などその意義をしっかりと継承しなければと思っています。近いうち山荘いり口の看板が新八王子山の会で裏のぼろになった入り口ドアが当方で新しくなります。これからも気軽に足を運んでゆったりとした時間をすごしませんか・・。現在八王子山の会では会員募集をしています。山登りや自然が好きな方、これからしてみたい初心者の方も歓迎です。ともに山登りはもちろん裏高尾のある山荘でいろいろな楽しみ方を共にしませんか・・!!

     会長  熊谷 博                                      写真撮影 佐藤益国、熊谷博

 

シダクラ沢

7月30日シダクラ沢を遡行、前日の雨の影響でやや増水していた。リーダーのYさんは、心配していたがこの辺の沢なら増水していた方が面白いと私の意見で予定道理遡行する事になった。9時より多摩川から入渓した。  
1 吊り橋手前より多摩川に入りシダクラ沢の出合を目指す。前日までの雨で多摩川は濁っていた。
2  
3 シダクラ沢出合、少し水量が多いい様です。
4 リーダーのYさん
5

二段5M二条の滝

6  
7 シダクラ沢の核心部二段6Mナメ滝
8

ACHANがリード、階段状で登りやすい

9

 

 

 

 

 

10 安全の為、セカンド以降を確保しする。
11  
12 苔が美しい
13  
14 尾根道から惣岳山に辿り着く14時、綺麗なユリが一輪咲いていた。17時車に戻る。沢以外のアプローチに時間が掛った。難しい箇所もなく軽い遡行にしては楽しめた。  記 ACHAN

滝沢 (大除沢)

7月17日山梨山岳会W氏リーダー5名で大除沢を遡行した。大除沢は和名倉山の北面に位置し、二瀬尾根の向こうは和名倉沢だ。6時50分に出発した。F-1 20Mを眺めてから足場の悪い髙巻きをする。  
1 入渓点で身支度をする。遡行前に装備の確認と打ち合わせをする。
2 他にも広く明るい渓相。遡行の長さを予感する。魚影も見られ型の良いのもいるようだ。
3  
4 陽の光を浴びて水面が煌めく!
5  
6 腰上まで浸かり釜の右をへつり滝の右から登る。
7 ホールドもしっかりしているので見た目より登りやすい。
8 様子を見ながら後続を登らせる。
9 全体には登れる小滝が連続するがくの字通らずの滝15Mは緊張した。
10 高度感が有り落ち口がやや悪いリーダーはフリーで通過したが途中ハーケンが有った。
11 下を気にするとかえって危ない。
12 釜が深いので泳いで取り付く後続はザイル確保で泳いだ。
13  
14 まるで庭園のような渓相だ!苔が水滴を溜め光っていた。
15

w氏は休憩時にロープワークを良く講義してくれる。

 

 

16 14時30分に二瀬尾根に乗るが下山が長い!かなり歩いたが高度が下がらずかなりハイペースで下った。私は太ももの筋肉がつる始末
17 ようやく秩父湖に着く車は吊り橋の所に回送して置いたので17時35分到着した。長い遡行だったが内容の濃い1日だった。 記 ACHAN