投稿記事(blog)

55周年記念山行(磐梯山)

【2014年(平成26年)10月4日 土曜~ 5日 日曜 裏磐梯ロイヤルホテル1泊】

創立55周年記念山行に八王子山岳連盟の皆様と当会OBの方々にご参加頂き誠に有難うございました。

台風18号の影響で天候は今ひとつでしたが総勢42名にて、楽しい山行と素晴らしいホテルでの祝賀会にて懇親を深めて参りました。 (記:washi)

平成26年10月 4日(土) 6:15。八王子駅南口集合。50人乗り貸切バスにて出発。
   11:20頃。福島県猪苗代湖側から南面の磐梯山。この時点では天候良好。
猪苗代リゾートスキー場登山口到着。ゴンドラリフトで標高1250mまで上がります。
スキー場上部からのきつい登りです。
ガスが出てきて雲の中、雨具を着ます。
ドウダンツツジの紅葉が見頃でした。
磐梯山1819m山頂で集合写真。15:21
山頂からの展望は・・・。またの機会に!
北西方面を八方台へ向け下山します。
もみじがきれいです。
きつい下り。
弘法清水を過ぎた途中の尾根から見下ろした、裏磐梯方面の旧噴火口近くにある、銅沼(あかぬま)の緑色が印象的です。(望遠でのワンショット)
16:45頃。中の湯跡です。(1990年代後半に廃業)
祝賀懇親会スタートです。裏磐梯ロイヤルホテルのパノラマホールにて。
素敵なホテルで楽しいひととき。記念事業実行委員会の皆様のお計らいと、ホテルのおもてなしに大感謝です。
ホテルの一室。22時。お話は尽きません。
おはようございます!(10/5の8:32)
昨日に続き、八方台登山口から西の、猫魔ヶ岳へハイキング。9時頃スタート。
ゆっくりと行きましょう。
ぶなの森。
猫魔ヶ岳1404mでも視界きかず。先へ進めて、ここは猫石です。10:30頃。
やがて雄国沼のほとりへ。雄国山が見えてきました。
紅葉真っ盛りです。
雄国沼は猫魔ヶ岳の火山活動で出来た、カルデラ湖で、初夏のニッコウキスゲの大群落の湿原は、天然記念物に指定されています。
写真では紅葉の美しさが表現しきれません。
歓談しながら歩きます。
雄国沼休憩避難小屋。お昼にしていると、とうとう雨が降ってきました。11:40頃。裏磐梯方面の雄子沢(おしざわ)登山口へ下山します。
下山後、一旦ホテルに戻り、ご好意により、入浴してから帰路につきます。14時半頃に雨の中をバスが出ます。
八王子駅到着は予定通り19時半頃。バスのドライバー様にも安全運転頂き、誠にお疲れ様でした。
♪ 会津磐梯山ハァ~宝のやぁまぁヨ

笹に黄金がァ なぁりさぁがぁる~ ♪

の民謡にあるように、磐梯山は昔から鉄鉱石や砂鉄が採掘されていて、安達太良山の西側の硫黄採掘と共に一大鉱業地であったそうです。

1888年(明治21年)に磐梯山北側が大爆発して土石流により悲惨な被害を受けた、裏磐梯も今は静かなリゾート地になっています。

9月27日(土)の11時52分、御嶽山の水蒸気噴火による災害に遭われた方々の心安らかなことを願う山旅でもありました。

【 概算費用 】 1人当り2万円×42名  他に、当会から20万円の補助を頂いており、

八王子山岳連盟会長、市役所山岳部部長、いちょう山の会、オリンパス山岳部、八チョー会さま

他から多数のご祝儀も頂戴しております。

この場を借りまして、厚くお礼を申し上げます。

 

 

 

槍平から南岳~北穂~奥穂~西穂~焼岳へ

 山行日 9月20日~23日                                                      富山湾から駿河湾へ「日本アルプス大縦走」 の第3弾は、前回のリベンジとして槍平から南岳新道を登り、南岳→大キレット→北穂~涸沢岳~奥穂→ジャンダルム→西穂~焼岳へと縦走し、中の湯温泉に下山しました。

 今回は予報とは大違いで、4日間とも快晴に恵まれ、北アの大展望を心行くまで堪能しながら、北ア最難関と言われる大キレットとジャンダルムを無事に通過することが出来た。これで、馬場島から中の湯温泉まで北アの縦走を無事に終わったことになる・・・。オマケ程度に考えていた焼岳の山頂からは、今まで歩いてきた薬師の辺りから槍・穂高連峰までを一望することが出来・・・、改めてその“厳しさ”を実感しました。

山裾は早くも秋の気配が漂い、ナナカマドの赤と青い空のコントラストが大変美しく、また下山後に寄った中の湯温泉の露天風呂から見た、奥穂~明神の眺めも格別でした・・・!            by motoki               

 

                 畏敬のジャンダルム

920日  新穂高温泉~槍平~南岳~南岳小屋                                           新穂高温泉に夜行バスで5時少し前に着き、朝食と準備を済ませ5:35分に出発する。穂高平小屋を過ぎる頃には明るくなってくる。どうやら今日の天候は出発前の予報に較べかなり良さそうだ・・・!今日は槍平から南岳新道を登り南岳まで、標高差は実に1,953mもある。夜行バスの疲れと睡眠不足の体にはかなりハードだ・・・!
   
 右俣林道を槍平へ  白出沢出合 見上げればジャンダルムが
   
 滝谷出合、滝谷ドームが逆光に輝く   樹林の間から笠ヶ岳が見えてきた  手前は奥丸山
   
 救急箱を過ぎると大展望が拡がる   ピラミッド形の中岳
   
 どっしりとした風貌の南岳  南岳山頂から南岳小屋を望む 後方は大キレット
921日 南岳~大キレット~北穂~涸沢岳~奥穂高山荘                                     浅間山の頂から昇る日の出を拝み、今日の安全を願う・・・。遠く富士、甲斐駒、千丈、北岳、塩見、荒川、赤石、聖がくっきりと望まれる。眼前には大キレットの鋭利な稜線が北穂へと伸びる。今日は長谷川ピーク、飛騨泣き、北穂、さらに涸沢岳から奥穂高山荘までの僅か3.5km程の行程だが、一瞬の油断も出来ない!
 
  浅間山の頂から昇る朝日、常念のシルエットが美しい  大キレット~北穂~奥穂のモルゲンロート
   
 黎明の富士山と南アルプス連山  いざ、出発・・・!
   
 南岳を振り返る  このギザギザが飛騨泣き
   
 そそり立つ北穂の岩壁 北穂小屋が見える  第2尾根の岩稜
   
 北穂小屋のデッキでcoffee time  歩いてきた、槍~中岳・南岳~大キレットを見る
   
 涸沢岳の稜線、後方は奥穂  「ブロッケン現象」に遭遇
922日  奥穂~ジャンダルム~西穂~焼岳小屋~中の湯へ                                    奥穂山頂には日の出より少し前に着いたが、雲が低く垂れているため、少し遅れて雲の上から太陽が顔を出す。ジャンダルムが朝日に照らし出され神々しさを覚える。今日はいよいよジャンダルムだ・・・!西穂側から攻めてからもう10数年は経っただろうか、齢を重ね体力は確実に落ちている・・・、不安がよぎる。
 
 夜明けの奥穂山頂で  鹿島槍から白馬まで視認できる・・・
   
 朝日に輝くジャンダルム  「馬の背」と呼ばれるナイフリッジ
   
 後続のパーティーが小さく見える  ロバの耳のトラバース  鎖が無かったら・・・
   
 遂にジャンダルム3,163mに立つ  槍に向かって流れる白雲が描く、一幅の画
   
 天狗岳~西穂、焼岳が低く感じられる 槍をバックに 天狗岳山頂で
   
 厭らしい「逆層スラブ」の登り  間ノ岳 どこから登るのか見当が付きません!
   
 西穂 山頂には数人の登山者が見える  ピラミッドピークから西穂を振り返る 
   
 西穂山荘を後に焼岳小屋に向かう   槍見台から見た霞沢岳の全貌
923日 焼岳小屋から焼岳~中の湯温泉へ                                            昨夜の焼岳小屋は貸切状態、登山客は私と大阪から来たご夫婦の3人。お世話して頂いた従業員の皆様も3人・・・。美味しいご飯に感謝感激の一夜でした。今日も好天・・・、焼岳からの下りでは紅葉も楽しむことが出来た。下山後は、ずっと楽しみにしてきた「中の湯温泉」に直行する。温泉・お酒・おそば・・・余りにも居心地が良く、初めて計画より大幅に遅れてしまった。
   
 焼岳、東峰~北峰~南峰の全景  焼岳北峰
   
 槍・穂高の一大展望・・・、よくぞ歩いてきたものだ!  ナナカマドの紅葉が噴煙を上げる焼岳と青空に映える
後記                                                               大キレットが3回目、ジャンダルムが2回目であったにもかかわらず、今回の山行では過去には感じなかった何か重圧のような意識がずっとあった。やはり年齢からくる体力の衰えに対する不安か・・・?それとも経験を積んだことにより本当の山の怖さが分ってきたのだろうか・・・?多分その両方であったろうと思う。ちょっとしたミスが大きな怪我や死に直結する山の厳しさを目の当たりし、改めて基本の大切さを思い起こした・・・。幸いに天候にも体調にも恵まれ、ほぼ完璧に近い形で北アの核心部を通過できたことは、今後の活動に大きな自信となることだろう。 駿河湾までの道のりはまだまだ遠いが・・・、焦らずゆっくりと一歩一歩登って行こうと思う。                                         ともかく無事の下山に感謝・・感謝・・・「乾杯!」

[コースタイム]                                                       9/19 都庁地下23:00発⇒新穂高温泉4:50                                            9/20 新穂高温泉5:30→7:30白出沢出合→8:40滝谷出合→9:55槍平小屋10:30-→13:15箱地点-→15:05南岳小屋                                     9/21 南岳小屋6:50→8:20長谷川ピーク8:30→9:55北穂10:44→13:16涸沢岳13:25→13:42                                                  9/22 穂高岳山荘510→5:42奥穂6:01→7:04ジャンダルム→8:50天狗岳→9:45間ノ岳→11:19西穂高岳→11:57ピラミッドピーク→13:11西穂山荘13:50→15:15槍見台→17:15焼岳小屋                                               9/23 焼岳小屋5:40→8:21焼岳北峰8:38→11:23中の湯登山口→11:30中の湯温泉13:30⇒中の湯バス停14:17⇒松15:54本16:58⇒19:02八王子

[概算費用]                                                          食糧費 7,600円                                                      交通費 新宿⇒新穂高温泉@7,700円  中の湯⇒松本@2,050円  松本⇒八王子@5,508円(特急あずさ)                                                 宿泊費 南岳小屋、奥穂高山荘、焼岳小屋 3泊で27,100円   合計 約5万円