投稿記事(blog)

早春の伊豆大島「三原山」へ

東京都から伊豆大島観光復興支援事業として大島航路の運賃と島内での宿泊費に対して補助金が出ることを利用して、2月21~22日に総勢9名で伊豆大島三原山に行ってきました。

久里浜港から高速ジェット船で大島元町港へ。迎えのジャンボタクシーでテキサスコースの登山口へ向かう。しばらくは樹林帯だが、30分程で砂漠地帯に出る。眼前にやっと三原山が出現し、左には裏砂漠と櫛形山も見え、振り返れば太平洋の大展望が拡がる。火口ではうっすらと噴火煙が出ており活火山だと認識する。剣ケ峰で記念写真を撮った後、火口展望場に向かう。山頂からは利島が眼前に見えたが春霞のため新島と神津島らしき島はうっすらとしてはっきりとは見えなかった。火口展望場(705m)は1986年の噴火口が明確で当時に思いを馳せながら、三原山頂口コースから下山、一路ご馳走の待つ民宿「椿山」へ。                   by  motoki

久里浜港から高速ジェット船で伊豆大島へ
行ってきます・・・!まるで遠足のような雰囲気
テキサスコースから剣ヶ峰へ春霞のため富士山は望めず天城連山がかすかに望まれる・・・
剣ヶ峰で
1986年の噴火口火山の持つ物凄いエネルギーに圧倒される
火口展望台で
二日目は時折小雨降る生憎のお天気であったが、もう一つの登山コース「月と砂漠ライン」へ。登山口からから10分ほどのところにある第一展望台までは皆で行った。ここが「もくせい号」の遭難場所であったことを知る。ガスと小雨で展望も悪く、次の第二展望台までは数人が登っただけだった。
   「月と砂漠」ラインは荒涼とした世界だ・・・!
   第二展望台で風がすごく強く早々に下山
(コースタイム)

2/21 八王子6:57→久里浜港9:15→元町港10:15→テキサス登山口11:40→昼食→剣ケ峰13:50→火口展望場14:40→三原山登山口15:40→民宿「椿山」16:40

2/22  民宿「椿山」9:00→大島見学→岡田港16:30→伊東17:05~17:44→八王子20:20

雪山ハイク、杓子山1598m(道志山塊)

2015年2月8日(日) 雪山ハイキング 7名参加

南側に広がる白銀の富士山を眺めながらのハイキングのつもりが生憎の天気で、10時頃から雪が降りだし、杓子山に登り着いた頃には視界50m位の大雪。
南側の内野へ山中湖めがけて鹿留山から下る予定を止めて、エスケープルートとした不動の湯へ下り、雪が止んだ頃に約5km車道歩いて月江寺駅到着。
大月駅前の居酒屋で思わぬ雪中行軍のお疲れさん会で締めくくりました。 (記 washi)

タクシーで鳥居地峠まで入山
雪はまだ本降りでない。
富士山は見えず、代わりに南側の山中湖脇にあるファナックの黄色い工場がモノクロ景色の忍野村で目立っていました。
杓子山到着。 さむい寒い。
立ちながら昼食。
山頂の鐘を鳴らして、撤退する。
来た道を、おおざす峠まで戻ります。
今頃、八王子は冷たい雨かな。
不動の湯へ下山。
林道は一部分凍結の上に降雪の為か、5本爪の軽アイゼンだと思わぬ所で滑ります。
100年来の歴史ある硯水不動尊の湧水を使った不動湯に着く頃は雪も止み、
トイレ休憩だけで里から街へ歩き通します。
月江寺駅界隈は、昭和の街として有名です。
昔、絹織物で栄えた街が、戦後進駐軍相手の歓楽街としての名残を残し、趣むきがあります。
着いた時間が早くて、夕日さす街の飲み屋さんはどこもまだ開いてませんでした。
(コースタイム)

高尾駅 6:42 —大月駅 7:22—富士山駅 8:05(タクシー)—鳥居地峠 8:40→高座山→おおざす峠→杓子山(昼食)→おおざす峠→不動の湯→月江寺駅 15:35—大月駅(打上げ) —高尾駅 19時頃

八ヶ岳 赤岳のアタック

1月4日~5日に赤岳に行って来ました。

樹氷がとても綺麗でした。   占部 記

テントよりスタートする
朝日を受けて岳が綺麗
阿弥陀が美しい
横岳が輝いている
文三郎尾根にて
赤岳を登る
樹氷がとても綺麗でした。
樹氷地帯をゆく
横岳も迫力いっぱい
アイスキャンディを見ながら下山