投稿記事(blog)

 北ァ燕岳雪上研修を実施しました

 3月21~23日、会の重要年間行事であります雪上研修を北アルプス燕岳にて6人が参加、実施しました。遠見尾根より五竜岳も考えましたが積雪が多くメンバーを考えると条件が厳しいと考え、燕岳にてにテント山行、予定通り実施多くの積雪でしたが充実した研修できました。前夜八王子を9時30分に出発、安曇野道の駅にて仮眠、翌朝早朝出、宮城の空地 (駐車場)に着き驚き、私たちだけではないか!

天候は薄曇り身支度を整え元気に出発だ



 

 

 

 

 

歩き始め間もなくからもう雪です.もちろんここは車道です



 

 

 

 

 

 

数か所、雪崩にて道路が封鎖、右側が沢で落ちていますので緊張します



 

 

 

 

ようやく中房温泉着、入山パーティは3組のみです。以前の冬山合宿でもそうであったが個々の地面は温かくテント内でも快適だ

 



 

 

 

 

一日の疲れを癒すテントは和やかで温かい。

テント内ではいつも一体になることはできます



 

いつもの鍋料理は美味しい!

 

 

 

 


 

2日目、いよいよ好天の中いよいよ日本3大急登の始まりだ。各メンバー20キロ以上のザックだ。

 



数メートルの積雪はラッセル気味だが先行パーティがいる

 

 



 

 

合戦小屋は屋根まで雪が埋まっています



 

 

 

早速テント設営、同じところに後続パーティ(大学生山岳部)がテントを張りました



 

時間切れで登頂は無理でもまだ少しの時間もあり好天の中稜線まではと出発



 

 

燕岳は美しい

 

 

 

 



メンバーたちは満足だ

 

 

 

下山開始

 

 

 

 



 

 

 

テント内では山や会談義など楽しい



 

 

 

 

 



 



 

 

 

下山も雪崩れているところは慎重に下ります

 

 


 

 

 

 

3日間の山行が終わり身支度をととのいて入浴後帰王しました。

※中房温泉に下山、温泉宿守の方に話を聴くことができましたが、年末年始には大勢の登山客が来るがそれが過ぎると全く登山者はなく以来この日が初めてとのこと、私たちを含めて4パーティ18人程度の登山者のみでした。

積雪が一番多い3月のこの時期に雪上研修を初めてもう20年くらいになるだろうか、メンバーは入れ替わるが今まで北アルプス、南アルプス、八ケ岳や上越、富士山など毎年変化を持たせるため地域や内容を変えている。一定のレベルを保つ企画だとどうしても参加者が少なく残念だが多くのメンバーが参加できる企画も今度は考えていきたいと思っています。

山行係 熊谷 博

コメント / トラックバック 1件

  1. taro-san より:

    燕岳には暮れから正月にかけては何度か登ったことはあるが、三月の雪の多さにはほんとうに吃驚した!
    宮城ゲートから中房温泉までの道路も大半は雪に埋もれ、雪崩れた個所すらあった。
    積雪期のテント山行は装備や食料が嵩み、かなり厳しいものがあった。ましてや、三大急登とも言われている合戦尾根の登りだ・・・。 でも、今振り返ってみれば楽しいことばかりが思い出される。
    「またやりましょう・・・!」         by motoki

コメントをどうぞ

  (必須)