投稿記事(blog)

茅ケ岳~金ケ岳縦走

 5月27日 総勢16人が2班に分かれて茅ケ岳から金ケ岳へ縦走しました。
 駐車場からすぐ登山道が始まる。何かがガチャガチャとにぎやかに鳴いていて何とも騒がしい。鳴き声がずっと伴奏のように続いている中を登っていくこととなった。山がえる?ひぐらし?諸説が出た。ときおり休憩をはさみながら女岩コースを進む。
 頂上に近い見晴らしの良いところに深田久弥氏の石碑があった。一同足を止め、合掌する。山を愛した人の終焉の地である。
 ここから細い登山道の急登が続く。山頂は岩場で展望がよい。八ヶ岳、南アルプスが見えるが残念ながら若干かすんでいる。富士山はみえない。
 金ケ岳へは、双耳峰なので下って上り、さらに下って上って到着。途中で大きな岩の割れ目をくぐる。山頂でしばし眺めを楽しんで下山開始。緑の中をどんどんくだる。明野に下り立ち、バスで広々とした畑の中を走り、温泉に立ち寄り帰路につく。
 夕方には八王子着。登りがいがあり、「大人の遠足」の楽しさでした。

青野 記  写真- 元木

                                           
茅ヶ岳山頂 快晴です!
 急な登りが続きます
 

 山頂を目指しています
  金ケ岳へ行く途中
 こんな岩をくぐります
 岩場にイワカガミが咲いていました                
 

 岩場ではこんな花も見かけました
 クロユリに似ています

 

 

 明野へ下ります                                
“.きつつき”がいました

 

  

コメント / トラックバック 2件

  1. taro-san より:

    茅ヶ岳を過ぎると、登山者もなく登山道も一変する。そこかしこに厄介な岩場や急な斜面が待っていた。金ヶ岳からの下りは休む場所がないほど急な下りの連続だ!「登りに使ったら、さぞや大変だろう・・・」などと話しながら下った。 皆さん、膝は大丈夫でしたか・・・?
    騒々しい虫の声(騒音?)、眩しいほどの新緑、未だ残ってくれていたツツジ、可憐な花達、鳥のささやき・・・、大変楽しい山行でした。 今回もまた、「晴れ女さん」に感謝!  

  2. yumi より:

    楽しい山行でしたねー。カエルの鳴き声のような虫?鳥?の声がまだ耳に残ってます。ツツジもまだまだ楽しめたし、梅雨前のギリギリ山行でした。バス山行は、最後の買い出しが足りるか・・・のドキドキも含めて楽しいです。
    またお願いしますー。
    新しい会員さん、コメントお願いします。やり方わからない方相談してください。(^^

コメントをどうぞ

  (必須)