投稿記事(blog)

雪上技術研修・鳳凰三山地蔵ヶ岳

本年度最後の会行事山行である恒例の雪上研修が3月10日(土)~11日(日)、御座石鉱泉より南アルプス前衛の山鳳凰三山地蔵ヶ岳を目指すべく5人にて実施しました。10日早朝w氏の車で八王子を出発、8時40分着9時出発の予定でしたが思わぬ約10センチの積雪に難儀し、スタッドレスタイヤながらもスリップに苦労し、2時間遅れの出発となりましたがメンバーは雪山研修に意気揚々、誰もいないであろう鉱泉よりの尾根に取り付く。

 P3100002

シーズンなら賑わうであろう鉱泉、お出迎えの犬と鉱泉女将さん

   
   
   

ひとしきり喋り込む、美空ひばりさんとおない年、鉱泉経営が大変、息子が自慢・・・だそうだ。

 P3100004 西の平にて一休み
 P3100018 昨日の新雪30センチ以上、トータル70センチ以上はあろう時折太もも以上になる。後ろからハッパをかけるが皆さん体力は十分だ。
 P3100015 ルートファインデングしながらのラッセルを先頭を交代しながら進む
 P3100020 4時40分燕頭山着、時間切れだ、早速手際よくテントを張る。周辺の積雪約1メートル。雪が深い中での幕営生活、雪山が得意?な私にとって好きな情景だ。
 P3100022 夕飯はキムチ鍋、山下女史の献立は素晴らしい
 P3100023

テント生活はやはり楽しい。少しぐらいたいへんでも自由であり遠慮なく団欒できる。やはり山の子?なんだろうか・・。

 P3110032 3月11日 今日は天気の回復が期待出来そうだ、出発!
 P3110034  トレースがないためルート判断、見極めが必要だ。豊富な積雪、トレースなし、ベストの研修コンディションだ
 P3110035  正面には地蔵ヶ岳、右前方には甲斐駒ヶ岳が高くそびえる
 P3110038

大変だが楽しい。ラッセルトップは順次交代だ。

 P3110040

 沢筋のトラバース箇所、雪崩の危険も感じられる。ロープ仕様で安全通過した。

 P3110042  鳳凰小屋が近そうだ
 P3110049  小屋周辺約1.5メートルの積雪。冬期小屋は空いているが入り口は雪で埋まっています
 P3110047  5人で記念撮影!!
 P3110052  登るときロープ使用箇所がナダレていて再びトレースを作りながら進む
 P3110055  慎重に下山します。
 P3110062  テント場着、早速撤収開始
 P3110064  急坂が長い下山だ
 P3110070  鉱泉着5時40分、犬も女将さんも出迎えはありません・・・。当然でしょうが・・・。

雪山技術研修を担当して10数年になろうか、毎年地域とテーマを変え実施してきた。北アルプス、八ヶ岳、谷川岳、富士山、上越の山などで南は積雪があまり多くなく日数の関係でなかなか選びにくい。しかし今年は雪が多く当日もあまり天気も芳しくない情報だったが、十分承知済だ。研修そして訓練は実践になるべく即したトレーニングでなければ身につかない。むしろ若干悪条件ぐらいの方が慎重にならざるを得ないし、気合が入る。

 今回はその点、十分な積雪、トレースなし、テント生活など雪山全般の技術を習得するには好条件だ。バージンスノーでのラッセル、積雪1メートルの中でのテント張り、ルートファイデイング、ロープ使用による危険地帯の通過など得るものが多かった筈だ。

 会員の平均年齢が徐々に上がってはいるがより安全を確保しながらの雪山山行をこれからも楽しんでいきたいと思う。

  3月10日―八王子6:30ー御座石鉱泉10:50~11:05―旭岳15:05~15―燕頭山16:40

  3月11日―幕営地7:00-鳳凰小屋10:40~11:15―幕営地13;15~14:15―鉱泉17;15

  費用―食料1500円、車代3500円  計5000円

      会長  熊谷 博

 

陽だまりを求めて・・・冬枯れの《棚山》へ

218日(土曜日)に山梨県笛吹市と山梨市との境界、奥秩父山地の南西部に位置する、標高1,171m「棚山」(たなやま)に、9名で陽だまりを求めて登ってきました。

「棚山は山梨百名山にも数えられていない甲州のマイナーな山です。

 今回は、露天風呂から眺める絶景が有名になり、全国各地から人が訪れるという〈ほったらかし温泉〉から入りました。 登りは《山の神コース》、下りは《重ね石コース》というルートを取りましたが、登山者の少ない静かな山でした。 地図にルートも示されていませんでしたが、道標やピンクのリボンそして危険個所にはトラロープも張られ、登山道は良く整備されておりました。

少し風があるものの快晴に恵まれ、山頂からの素晴らしい眺望を期待しながら、胸を膨らませて先を急いだのですが、頂上に着く頃には富士も鳳凰三山も北岳も甲斐駒・・・山頂付近が薄雲に覆われ・・・、少し心残りもありましたが、山頂で美味しい「きのこ汁」を腹一杯頂き、みな大満足で下山し、最後はかの有名な『ほったらかし温泉』で富士の雄大な姿を堪能して、楽しい一日が終わりました。

P2180002
「ほったらかし温泉」駐車場から見る「富士山」!
雲一つなく、素晴らしい山行の予感が・・・。
2012.02.18 8:25
 
P2180003
登山口付近から見る《棚山》標高1,170m
冷たい風が頬をさすものの、何処までも続く青空に絶好の“陽だまりハイク”が楽しめそうな予感が・・・!
「ほったらかし温泉」(標高680)を8:44に出発する。
P2180007
冬枯れの落葉樹林帯を足取りも軽く行く。
軽く汗ばむ暖かさに、防寒着も脱ぐ。
『紅葉の時期もいいだろうなぁ~』
P2180010
「重ね石ルートの合流点」への登り。
この日一番の急登に、自然と間隔も開く!
P2180014
「ほったらかし温泉」を出発してから約2時間、
10:33に棚山山頂(標高1,170m)に全員無事に到着!
笑顔で「はい、チーズ・・・!」
P2180017  
昼食は今回の山行のもう一つの主役である「きのこ汁」の登場!
地元に居住するWさん手作りの椎茸やシメジ、まいたけ・・・それにこれまた地元産のお豆腐とうす揚げなど、具沢山の「きのこ汁」にみな舌鼓を打つ
 P2180018  
冷たい風を避けながら、陽だまりでしばしの休息。
実は、きのこ汁を腹一杯頂き過ぎ、動くのも億劫なのだが・・・!
 P2180022  
山頂から鳳凰三山を望む。
北岳、甲斐駒は雪雲に覆われ姿を見ることは出来なかった・・・!
 P2180024
樹間から見えた富士山も、いつの間にか山頂付近が雲で覆われてしまった。
残念な気持ちを胸いっぱいに、11:43、山頂を出発!
 P2180028  
「前こぶ」標高1,104付近で!
バックに見える姿の良い山が《棚山》
 P2180029  
《山梨百名山》の一つに数えられている「兜山」を望む。
指呼の距離だ・・・!
 P2180030  
何とも不思議な「重ね石」!
『何方かこの石の由来を教えて下さいなぁ~・・・』
 P2180033  
ようやく厳しい下りも終わり、ホッと一息。
途中、贅沢な“ティタイム”を取り、13:30に「ほったらかし温泉」に戻る。
 P2180039  
「ほったらかし温泉」の露天風呂から望む「富士山」
まことに贅沢な、勿体ないような一日であった・・・・。
                    おわり!
 
 
山行データ
・全歩程:約7km  ・標高差:490m  
・行動時間:4hr45min (実行動時間3hr10min
・コースタイム
 8:25ほったらかし温泉駐車場(標高680m8:44――――9:20重ね石ルート分岐―――9:34山の神―――10:25重ね石ルート合流(標高1,125m)―――――10:33棚山(標高1,170m《昼食》11:43―――――11:51前こぶ(標高1,114)――――12:05重ね石(標高 1,004m)――――12:25山の神ルート合流――――12:44登山口《ティタイム》13:12――――13:30ほったらかし温泉15:10                                                
                以上 記 元木 義隆