投稿記事(blog)

山の会山行の楽しさここにあり・継承を!

12月の第一土日曜日の忘年山行、会恒例行事として実施するようになって17~18年ぐらいだろうかすっかり定着した。山域はもちろん宿泊宿、内容も毎年変え変化も求めてきました。

 

  今年も予定通り12月1~2日、奥多摩の山としコースは自由に、宿泊はバンガローとし当日参加も可となり合計30名と今までにない参加者にバンガローは夜遅くまで熱気に包まれていました。


健脚コースは五日市から入り大岳山~鋸尾根へ、楽なコースは?奥多摩湖までのむかし道、鳩ノ巣渓谷歩き、私たち6名はバンガローに車を置き鋸山から山頂、天地山経由でバンガローに戻るコースだ。

 名のとおりやせ尾根、鎖場もある


寒いさむいと思っていたらいつの間にか雪・・・・・。

山頂、それでも3~4パーティ15人ぐらいいただろうか、寒いのでゆっくり休んでもいられない。

大岳コースのメンバーと携帯がつながり今山頂より下ったとのこと、順調だ。ひと安心する。


天地山コースは表示は行き止まりとなっている。当然道ははっきりしないところもあるがやせ尾根、通常なら迷わない、それに私はこんなところが好きだし毎年の研修が生かされるはずだ。なによりも完璧なのはM氏はJPSを完全に使いこなしている。

ルートを読み込ませ道を間違えたら警告音を鳴らしてくれるのだ。これからの山登りの上級レベルは最近の山道具の様々なアイテムはもちろん多少難しい文明の機器など使いこなすことができなければ一人前の登山者として認められないかもしれない。なんでも一人前とは大変です。


天地山山頂、雪もすっかり止み晴れ間が出てきた。奥多摩の街も見ることができます

予定通りバンガローには集合時間の3時30分着、なんとすでに大勢いるではないか?もう1時すぐから待っている人もいる。早すぎる。


パーティ開始は5時予定であったが多くのメンバーは待ちきれず早めろと、4時30分より飲み始め

7時ごろには全員集合あらためて乾杯だ。    (バンガロー内写真撮影は元木氏)


今回準備担当は食料買いだし、会装備のなべなどを持ち込みだ。

会友の参加や、夜だけの参加者もいたが楽しい忘年山行となり御礼を述べさせていただいた

席がいっぱい、近親感があってよいかもしれない


さわやかな朝、氷川バンガローでは一番大きいバンガローで35人用、丁度良かった。

朝食を済ませ、帰る人もいるが今日は本仁田山へハイキングだ。


本仁田山山頂、寒いのでゆっくり休んでもいられない

急坂だが落ち葉を踏みながらの登山道も今の季節だけだ。メンバーはそれぞれ1年を振り返り思いおもいに下山しているのだろう。ずっと話し声と笑いがあった。I氏は病み上がりでもありましたがほぼ完全復帰できた。仲間としてこんなにうれしいことはない。

予定通り1時過ぎ奥多摩駅到着、ここで一応解散、それぞれ車、電車にて明るいうちに八王子に帰った。

 

 十分に目的を達することができた有意義な2日間でした。準備に関わったすべての関係者、会友の参加者、又当日だけでも参加としてくれたメンバーそれぞれにあらためて感謝したい、会は当然、企画者、担当者はいつも楽しく、喜んでもらえるようにと苦労しています。会員の心もちひとつで会はまた変わります。次回の全員集合は新しい年、新春山話会となります。

 年内まだ山話会が2回、役員会が1回、数回の山行計画があります。すでに寒波が列島に入り来年は雪が多そうな気がします。健康管理、安全登山への心構えはもちろん体力への過自信などもってのほか、多くの事故例が物語っています。

「陸続きのどんな高い山に登っても難しい岩を登ってもそのことにどんな意味があるのか、それよりも私たちは多くの仲間たちと安全でより楽しい登山をすることが真髄である」と創立者の城所氏は53年前に有志と立ち上げた会です。今でこそ納得理解する人もいでるしょうが当時は命知らず、山で死ぬのは本望など広言する人はざら、そんなの山男でないとか、メンバー間の口論などしょっちゅうとか、私が入会時は顧問でした。18歳年上でしたが可愛がっていただき山話会の帰りに喫茶店でよく話を聞かせていただきました。もちろんそれらの考えに異論もありましょうしすべてではありません。しかし創立より現在の長きに渡り兄弟会・新八王子山の会と共に地元山岳会の双璧として60名以上の会員を有し他の追随を許さず活動を続けているのも事実であります。その言葉の数々をよく十分に理解できたのは結婚、独立後しばらくたち再び会活動に関わった40歳ぐらいかもしれません。つまり先人は50年先を読み存続を願い、それらを見据えて会づくりを実現されたのです。

     会長  熊谷 博

山岳事故対処総合研修を実施しました

11月18日、前日の雨で洗い流された澄んだ空気、好天の中山の会としては連続14年目、八王子市山岳連盟として2年目の「山岳事故対処総合研修」が山での事故に遭わないために・遭った時のためにのテーマのもと一般市民参加6人を含むヶ57名にて実施しました。午前8時現地集合、開会、、詳細な資料を基にオリエンテーション、準備体操を済ませ初級、中級のリーダー、サブリーダー発表後各班を紹介早速研修に入りました。

 
地形模型のある広場にて開会式 
 
 初級、中級計7班のリーダー、サブリーダーを発表紹介、今日一日宜しくお願いします。当会よりは佐藤氏、斉藤氏、浅井氏、山下氏、和唐氏がその任にあたりました。
 

 初級は新八王子山の会0氏が総括指導、中級は私が担当しました。

事故想定にもとづきまづ事故負傷者の手当て、各班問題が違います。

 
 次にやむなくビバークを強いられた場合の対応、各班負傷者を抱えながらその場所を選んだ理由、負傷者をどう保護するか、注意すべき点は何か、次々に質問、意見が出ます。こうすることによって幅広い考え方、知識が身に付きます。
 
 山の危険地はいたるところにあります。近づかないのが一番ですがやむなく通過せざるをえないとき、より安全にするにはどうしてもロープ、スリング、カラビナが必要になります。その使用法は普段から確実にしっかりと覚え、できるようにしておくのが岳人でありリーダーとしての役目なのです。
 
 リーダーはメンバー全員の操作法をしっかりと見て安全を確認する必要があります。一時も注意を怠ってはなりません。
 
 一通りの研修が終わり、いよいよ各パーティの実践行動、約3時間半ゴールまで5箇所のポイントがあり問題が担当より出されます。
 
 1班若駒ML,浅井SL、高橋さん渡辺さんも積極的大活躍です。
 
 2班新八NL,山下正SL、当会よりは坂本さんと渡辺純君がメンバー
 
 3班Lはベテラン和唐氏が務めます。SL新八Sさん、鷲林君、岡部君がメンバー
 
 地図をしっかりと確認しながら道のはっきりしない尾根へ向かってガンバロウ!
 
 八王子城山・本丸跡では池本氏がポイント担当
 
 広場へゴール、CP5最後の問題です。
 
負傷者の搬送、ザックをひっくり返し下部にストックを利用衣類などにてクッションにし、負傷者の背中よりスリングにて安全を確保します。指導担当は東京消防庁勤務救急隊員新八W氏、山岳事故防止委員会メンバーです。
 

 こちらは比較的平たんな道の場合の搬送法、ザックを2つつなぎ4人で搬送です。

これらの搬送法はいろいろなもっているものを利用、さまざまな条件の中で臨機応変に使い分けるのがベターです。

研修の大切さが解ります。

 
 ケガもなく全ての研修プログラムがほぼ予定通り終了、各担当者、各班のリーダーサブリーダーを務めてくれた人、参加者に熱心に取り組んでくれたことへの感謝をいたします。
 
 最後に全員にて記念写真みなさん明るい、満足顔でした。
 

 八王子山の会雪上研修・鳳凰三山にて

平成24年3月、1・5メートル積雪の中沢筋をロープ使用で安全に通過する

 

 同雪上研修・上越荒沢山で

平成24年4月、降雪風雪の中登頂、下山時ロープ操作の練習をする。   

いよいよ本格的な雪山シーズンです。安全で楽しい山登りを続け人生を素敵な仲間と共に謳歌し、彩りを添えるためにも研修など積極的に参加するなど身体で覚えておくなど弛みない努力が求められます。ともに頑張りたいと思います。  

会長 熊谷 博

 

八王子山の会は安全登山実践を徹底します

当会では10数年前より会山行の無事故、無トラブル、無遭難を願い本格的に遭難対策活動に取り組みました。以来継続的に発展的にレベルアップをしながら訓練研修を重ねながらも数年前よりは八王子市山岳連盟にも門を広げ今年度よりは一般市民にも呼びかけこの活動が会の貢献活動になっています。

 

 今年度は10月30日、市民体育館にて安全登山講習会として遭難事故対策のエキスパートである渡辺輝男氏を招き市民を含め84名の出席を得て会場は満席でした。又山岳事故対処研修は11月18日市民を含め約60名の参加をもって実施されます。

  今年度は初級、中級と分け、行動も別になる為数度にわたって早朝登山によって下見実踏を重ね、昨日(11日)スタッフと共に忙しい中そして曇天でしたが事前研修を敢行しました。

 

 


 2つの会議室が満員、みなさんしっかりとメモを取り、真剣に聞いていました

 日本山岳協会の遭難対策常任委員活動にて全国に講演活動、実技指導に当たっています。

非常にわかりやすく実践的でした。


 11月11日、岳連メンバースタッフと共に活動開始、八王子城山より富士見台を舞台に一周する研修です

 ロープ操作などの指導員研修

 二手に分かれ一般登山道を離れ沢すじより富士見台へ

 ルートファインデングは何よりも経験!と感!

ハンディGPSはあれば完璧ですが


 富士見台山頂、曇天ですが汗びっしょりです

 八王子城山山頂、静かでした。天気予報通り2時30分より小雨急いで下山

 40年来の友人が登山口近くで経営している「海の塔」にて昨年同様最後のミーテイング、温かいコーヒーとケーキが心を和ませ温かくしてくれました

 来月からは本格的な雪山、しっかりとしたリーダーと共に自らも知識、実践研修を重ね安全登山を楽しみ、より良い人生に思い出と花?を咲かせましょう。

 

 1昨年4月、北アルプス八方尾根唐松岳雪上研修より

 

 いつでも、だれでも、どこでも思いがけなくあるのが事故災害です。しかし心構えと知識の積み重ね、自然の理にかなった行動によってかなりの部分が軽減されるのは明らかです。ましてや事故対応、対処などの訓練経験があれば言うまでもありません。実力以上の山行は慎まなければならないし、思い上がった行動や批判めいた言動などもってのほか、年齢相応の信頼される岳人として心しておきたいものです。

  登山行動は自己責任は当然としながらも会としては常にそれらのチャンスを提供、自覚、実践を求めます。無トラブル、無事故、無遭難は家族、友人はもとより社会にも無用な迷惑をかけないみんなの願いです。                                                                      会長  熊谷 博

 

黒部ダムから池の平への山旅

10月12日~15日まで、黒部ダム~ハシゴ谷乗越~真砂沢~池の平 行って来ました、

山一面の紅葉、三の窓雪渓、八ッ峰主稜、チンネ等の秀麗な姿を満喫し心が満たされた山旅でした。

10/12 PM八王子4:30⇒安曇野IC⇒扇沢(P)PM20:30(車中泊)

10/13 扇沢駅⇒トロリーバス7:30~50⇒黒部ダム駅8:10~30→丸木橋10:00~20→内蔵助平11:00~30→ハシゴ谷乗越13:00~20

     真砂沢14:10~20→池の平17:20(テント泊)

10/14 池の平池と池塘めぐり テント回収→12:00→二股14:50→真砂沢15:50(テント泊)

10/15 テント6:50→ハシゴ谷乗越8:00~30→内蔵助平9:45~10:00⇒黒部ダム13:05 トロリーバス⇒扇沢⇒安曇野IC⇒八王子


池の平のテント前にて

 

 
 平の池にて
 
 池の前で
 
 
 
 仙人峠 八っ峰をバックに
 
 
 
 小窓の雪渓がキレイ
 
 仙人新道を往く
 

 マイナーピークをバックに

 

 
 ハシゴ谷乗越
 

 下の廊下 赤沢岳をバックに

 



 

紅葉の栗駒山と虎毛山

 10月7日から9日まで栗駒山周辺の山に遊んだ。目指すは栗駒山の紅葉。前夜発の高速バス組と新幹線利用組とが一ノ関で合流し、レンタカーで栗駒山を目指した。先ずは足慣らしにと、その麓に広がる「世界谷地湿性植物園」を通り  前衛峰である大地森への道を歩いた。巨木の混じる豊かなブナの森である。一行は女性4名、男子2名。深い森の中を流れる清浄な空気に包まれて、そこここの林床に踊る茸や、花の終わった野草に目をとめて、森の豊饒に酔った。 写真はできる限り三脚を使用した。茸に焦点を当ててみたが、見ていると美しくもあり、笑いがこみ上げてきそうな楽しさがほの見えて、歩みはいっこうに捗らないのだった。茸はどれも登山道の脇に見つけたものであるが名前は分からない。全くの門外漢なのである。が、その美しさ、奇妙な姿にすっかり魅了されてしまった。その日は約三時間ほどのトレッキングを終えて早めに投宿した。

第1日(10月7日曇天)一関駅9:40⇒11:20世界谷地駐車場11:30→13:10変則十字路13:30→15:10駐車場⇒ホテル泊  第2日(10月8日快晴)ホテル6:00⇒6:30いわかがみ平駐車場6:50→8:20栗駒山頂上(1627m)10:00→11:20東栗駒山11:40→12:45いわかがみ平駐車場13:00⇒16:40秋の宮温泉郷民宿泊

第3日
(10月9日晴れ)民宿5:50⇒6:10小赤倉沢駐車場6:30→7:25渡渉(高巻き)→9:15高松岳分岐9:35→10:25虎毛山頂上(1433m)11:30→12:05分岐12:20一本12:30→14:00駐車場

費 用
:宿泊費20000円・レンタカー及びガソリン代10000円・高速バス代8800円 合計38800円(一人)


深いブナの森の中を私たちはゆっくりと歩いた。

 


ゆっくり歩いた大地森への道、 深いブナの森のその足元にきのこが顔を見せています  きっと、早足に過ぎてしまえば  頬をなでる森の風しか感じないでしょう  きのこは落ち葉や枯れ木や  瑞々しい緑の苔をしとねに  なにやら踊っているよう

 さながらエミール・ガレのかさ。


  


 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 茸が土に還る間際なのだろうか。
 
木漏れ日に浮かび上がった苔。
 
 
 
 岩を抱く。
 
 ブナの森の奥深さを表現して見た。
 
 仲間たち。
 

 「 ノコンギク(野紺菊)よ」と仲間が教えてくれた。 

これでトレッキングは終わった。

 
 栗駒の朝。 翌朝早くいわかがみ平駐車場へ登る途中で。
 
 いよいよ栗駒山の登山が始まる。中央コースを登った。これ以上はない秋晴れであった。
 

1時間も登ると頂上が見えた。

高く晴れ上がった秋空に  栗駒山の凱歌がこだまするよう  今年の秋のコレクション  オートクチュールをお見せしましょう、と  訪れるものはみな息をのみ心打たれる  今年もありがとう、と

 
 息を呑むばかり。
 
 
 
 
 
 逆光ぎみで奥行きと脇役を配置して見た。
 
 秋の陽の透明な光に透かされて。
 
 仲間たち。
 
 頂上から望む。
 
 悠揚迫らぬ遥かな山は鳥海山。
 
 須川側から。
 
 
 
 
 

 鳥海山を背景に。

これで、下山を開始した。

 
 東栗駒山コースを下る。
 
 
 
 
 
 東栗駒山で。

 早めに下山し、秋の宮温泉郷を目指した。車で時間弱を要したがなんとか明るいうちに着くことができた。宿の食事はミズの実やふきなど山菜料理が盛り沢山だった。

 

 三日目、虎毛山である。 

 
虎毛山は宿から20分ほど戻り、赤倉沢林道入り口からさらに20分ほど沢沿いに遡って駐車場だった。1時間ほど赤倉沢沿いに歩き、渡渉地点に来たが、よく探すと高巻く道が見つかった。ほどなくして急登が始まった。どこまで行っても急登は続いた。

 
 急斜面にアスナロの林が現れる。アスナロは、杉や檜に似ているが樹皮が殆ど付いていない。ウィキペディアによるとヒノキ科アスナロ属の常緑針葉樹で、一属一種の日本固有種。檜に似ているが枝や葉は数年間枝についている間に、より幅広くなる。含有成分のヒノキチオールは圧倒的に檜より多く、俎板材としては一級品である、とある。また、「明日は檜になろう」という文学的俗説があるが、決して哀れな木ではない。
 
 夫婦檜を過ぎて。
 
 ブナの林が現れた。さらに急登が続く。
 
 2時間後、ようやく稜線上の高松岳分岐に到着。ここで大休止をとる。
 
 尾根を少し歩くと虎毛山の頂上が見えた。陽が当たるとほのかに赤く染まっているのが見える。しかし、あの頂上まではなお急登が待っていた。
 
 遠くに避難小屋が見え隠れして頂上は近い。近づくと、なんと小屋が新築されているではないか!事前の下調べでは、台風の直撃を受けて見る影もないほど無残な姿だったが、びっくりである。まだ、工事は完了していないようであるが、見た目は真新しく完成した姿だった。感謝、感謝である。
 
 栗駒山から雲が湧き出し、寒い風が吹いていた。虎毛山頂上も紅葉していたが、標高が低いためか人の背よりも高い木が多い。
 
 池塘の周囲は草紅葉だった。PLフィルターを外して撮った。

 

 紅葉は六分目だろうか。

 中間の稜線に陽が当たるのを待って撮った。

 数パーティの登山者に会ったが、静かな山頂だった。

 山旅はこれで終了。

 この山は阪神ファンに大人気なのだそうである。虎の装束で登って来るとか・・・いやはや
 下山後、再び宿に行き温泉に入って一関に戻った。いささか冗長な記事にお付き合いいただきありがとうございます。(佐藤記)